いまだ15万人以上がP2Pファイル共有ソフトを定期的に利用--利用者数調査(ネットエージェント) | ScanNetSecurity
2024.07.26(金)

いまだ15万人以上がP2Pファイル共有ソフトを定期的に利用--利用者数調査(ネットエージェント)

ネットエージェントは、「年末年始期間における P2Pファイル共有ソフトウェア利用者数調査」の結果を発表した。

調査・レポート・白書・ガイドライン
年末年始P2P利用者数(ノード数)
  • 年末年始P2P利用者数(ノード数)
  • 2013年 P2Pファイル共有ソフト別逮捕・検挙者数割合
  • 2013年 P2Pファイル共有ソフト利用による逮捕者年齢
ネットエージェント株式会社は1月16日、「年末年始期間における P2Pファイル共有ソフトウェア利用者数調査」の結果を発表した。これは2013~2014年の年末年始期間における、代表的なP2Pファイル共有ソフトウェア「Winny」「Share」「Perfect Dark」それぞれの利用者数(ノード数)を調査したもの。計測日ごとの利用者数から、現在でもおよそ15万人~20万人のユーザが、未だにこうしたP2Pファイル共有ソフトを定期的に利用していると推測している。

また2013年、警察によって一年間にP2P観測システムを利用した取り締まりの対象とされ逮捕・検挙に至った、P2Pファイル共有ソフトウェアを利用した違法行為の比率は、Shareの利用によるものが全体の50%と多く、Perfect Dark、Cabos、μTorrentと続いていた。犯罪種別の割合では、著作権侵害、著作権法違反によるものが全体の66%と、圧倒的に多くなっている。さらに、これを年齢層別に見てみると、30代~40代によるケースが全体の78%を占めており、これは一般の社会人では中堅~ベテラン社員、管理職にあたる年齢となる。
《吉澤 亨史( Kouji Yoshizawa )》

編集部おすすめの記事

特集

調査・レポート・白書・ガイドライン アクセスランキング

  1. フィッシングサイトのドメイン「top」が最多、デジタルアーツ調査

    フィッシングサイトのドメイン「top」が最多、デジタルアーツ調査

  2. 2024年第1四半期 IPA 情報セキュリティ安心相談窓口の相談状況、サポート詐欺被害時の漏えい可能性判断ポイントほか

    2024年第1四半期 IPA 情報セキュリティ安心相談窓口の相談状況、サポート詐欺被害時の漏えい可能性判断ポイントほか

  3. 指定事業者への禁止事項や遵守事項定める ~「スマートフォンにおいて利用される特定ソフトウェアに係る競争の促進に関する法律」成立

    指定事業者への禁止事項や遵守事項定める ~「スマートフォンにおいて利用される特定ソフトウェアに係る競争の促進に関する法律」成立

  4. 迷惑メール対策推進協議会「送信ドメイン認証技術 DMARC導入ガイドライン」公表

  5. サポート詐欺の電話番号「010」で始まる国際電話番号利用手口も

  6. パッチ提供までの遅延を狙うゼロデイ攻撃、悪質なランサムウェアが増加(シマンテック)

  7. ISOG-J「脆弱性トリアージガイドライン作成の手引き」公開

  8. 被害額 1 億円超えのリスク「サイバー」が 6.3 % ~ 日本損保協会調査

  9. 戦略にサイバーレジリエンス取り入れ ~「東芝グループ サイバーセキュリティ報告書2024」

  10. ランサムウェアの種別特定やセカンドオピニオンも ~ セキュリティ企業も頼りにできる JPCERT/CC

アクセスランキングをもっと見る

「経理」「営業」「企画」「プログラミング」「デザイン」と並ぶ、事業で成功するためのビジネスセンスが「セキュリティ」
「経理」「営業」「企画」「プログラミング」「デザイン」と並ぶ、事業で成功するためのビジネスセンスが「セキュリティ」

ページ右上「ユーザー登録」から会員登録すれば会員限定記事を閲覧できます。毎週月曜の朝、先週一週間のセキュリティ動向を総括しふりかえるメルマガをお届け。(写真:ScanNetSecurity 名誉編集長 りく)

×