児童の個人情報を記録したUSBメモリを学校内で紛失(東京都港区) | ScanNetSecurity[国内最大級のサイバーセキュリティ専門ポータルサイト]
2018.07.21(土)

児童の個人情報を記録したUSBメモリを学校内で紛失(東京都港区)

インシデント・事故 インシデント・情報漏えい

東京都港区は12月10日、区立御成門小学校に勤務する女性教諭が個人所有のUSBメモリを紛失したことが判明したと発表した。これは12月2日18時頃、当該教諭が当日朝に職員室のPCを使用し、挿入したままの状態にしていた個人所有USBメモリがなくなっていることに気付いたというもの。全教職員でPCの周辺やゴミ箱の中などを中心に、職員室・教室等を継続して6日まで探したが、発見には至らなかった。

紛失したUSBメモリには、当該教諭が担任する1年2組の児童28名分の個人情報(氏名、住所、電話番号、生年月日)が記録されていた。なお12月10日現在、個人情報が外部に流失した事実は確認されていないとしている。
《吉澤 亨史( Kouji Yoshizawa )》

関連記事

Scan PREMIUM 会員限定記事

もっと見る

Scan PREMIUM 会員限定記事特集をもっと見る

カテゴリ別新着記事

★★Scan PREMIUM 会員限定コンテンツにフルアクセスが可能となります★★
<b>★★Scan PREMIUM 会員限定コンテンツにフルアクセスが可能となります★★</b>

経営課題としてサイバーセキュリティに取り組む情報システム部門や、研究・開発・経営企画に携わる方へ向けた、創刊19年のセキュリティ情報サービス Scan PREMIUM を、貴社の事業リスク低減のためにご活用ください。

×