証明書の認証方法に「DNS認証」を追加、証明書取得がスムーズに(GMOグローバルサイン) | ScanNetSecurity[国内最大級のサイバーセキュリティ専門ポータルサイト]
2018.06.23(土)

証明書の認証方法に「DNS認証」を追加、証明書取得がスムーズに(GMOグローバルサイン)

製品・サービス・業界動向 新製品・新サービス

GMOグローバルサイン株式会社は11月25日、「クイック認証SSL」の認証フローにおいて、DNSにTXTレコードを追加することで認証が完了する「DNS認証」の提供を同日より開始したと発表した。「クイック認証SSL」は、認証局がSSLサーバ証明書を発行する際の本人認証に関する手続きを軽減するもの。書類が不要な上に、ドメイン所有者とSSLサーバ証明書の申請者が同じ場合の「メール認証」、申請者がWebサイト管理者の場合の「ページ認証」の、オンラインで認証が可能な2つの認証方式を採用している。

今回、同サービスに新たな認証方法として「DNS認証」を追加した。申込完了時に画面表示される認証文字列をDNSのTXTレコードに追加することで、ユーザ(申請者)とドメイン所有者との関係性を認証する。企業内でドメインを管理しているシステム担当が証明書を取得する際に、手間をかけずスムーズに取得することができる。
《吉澤 亨史》

関連記事

Scan PREMIUM 会員限定記事

もっと見る

Scan PREMIUM 会員限定記事特集をもっと見る

カテゴリ別新着記事

★★Scan PREMIUM 会員限定コンテンツにフルアクセスが可能となります★★
<b>★★Scan PREMIUM 会員限定コンテンツにフルアクセスが可能となります★★</b>

経営課題としてサイバーセキュリティに取り組む情報システム部門や、研究・開発・経営企画に携わる方へ向けた、創刊19年のセキュリティ情報サービス Scan PREMIUM を、貴社の事業リスク低減のためにご活用ください。

×