GMOイエラエ、ドローン運用におけるセキュリティ対策をサポート | ScanNetSecurity
2024.04.21(日)

GMOイエラエ、ドローン運用におけるセキュリティ対策をサポート

 株式会社トルビズオンは2月19日、GMOサイバーセキュリティ byイエラエ株式会社とGMOグローバルサイン株式会社が提供するドローンに関するサイバーセキュリティソリューションの販売を開始すると発表した。

製品・サービス・業界動向
GMOサイバーセキュリティ byイエラエとGMOグローバルサインによるセキュリティソリューション

 株式会社トルビズオンは2月19日、GMOサイバーセキュリティ byイエラエ株式会社とGMOグローバルサイン株式会社が提供するドローンに関するサイバーセキュリティソリューションの販売を開始すると発表した。

 トルビズオンはドローンが飛行する直下の地権者の飛行許可調整を行う「空のシェアリングサービス」を行う福岡市のベンチャー企業。同社が提供する「S:ROAD」は、空に「住所」を作り空域に関する情報データベースと紐づける特許技術「スカイドメイン」を用いて、定期航路となるドローンの飛行空域を可視化し、ドローン産業の社会実装を推進する。ドローン事業者はS:ROADを利用し、地域の代理店であるスカイディベロッパーが開拓した、リスクアセスメントや地域の合意の取れた空路が利用できる。

 GMOサイバーセキュリティ byイエラエとGMOグローバルサインが提供するサイバー・暗号セキュリティソリューションでは、脅威モデリング、セキュア開発アドバイザリー、ソースコード診断、デバイス脆弱性診断、クラウド脆弱性診断、ペネトレーションテスト等を含み、ドローン運用におけるセキュリティの全ステージにおける対策をサポートする。

 トルビズオンのS:ROADプラットフォームを通じて提供されるドローンサービスにGMOサイバーセキュリティ byイエラエとGMOグローバルサインのサイバー・暗号セキュリティソリューションを組み合わせることで、事業者はサイバー攻撃からの保護を強化し、ドローンの安全な運用を実現できる。暗号化通信におけるSSL証明書の提供をGMOグローバルサインが行い、デバイスそのもののセキュリティ、クラウドのセキュリティ、通信路のセキュリティのそれぞれの評価や脆弱性の有無の診断をGMOサイバーセキュリティ byイエラエが行う。

《ScanNetSecurity》

編集部おすすめの記事

特集

製品・サービス・業界動向 アクセスランキング

  1. 突然表示された偽警告画面を閉じるには、IPA が体験サイト公開

    突然表示された偽警告画面を閉じるには、IPA が体験サイト公開

  2. ネットワークカメラを直列に接続することでそれぞれ100mまで給電可能に(台湾VIVOTEK)

    ネットワークカメラを直列に接続することでそれぞれ100mまで給電可能に(台湾VIVOTEK)

  3. この診断ツールがいいねと顧客が言ったから これが LAC の AI 元年 ~ AeyeScan がスキャンエンジンに採用されるまで

    この診断ツールがいいねと顧客が言ったから これが LAC の AI 元年 ~ AeyeScan がスキャンエンジンに採用されるまで

  4. 認証・決済プラットフォームサービス「セーフティパス」と連動した「インターネット銀行決済」サービスを提供開始(NTTコミュニケーションズ)

  5. 電磁波セキュリティガイドラインの策定(新情報セキュリティ技術研究会)

  6. メール無害化機能を搭載した「FortiMail」で自治体向けソリューション提供(フォーティネットジャパン)

  7. Tanium SBOM、ソフトウェアサプライチェーンの脆弱性検出と修正

  8. 「サイバーセキュリティアワード 2023」表彰式開催、フィクション部門の最優秀賞は「地球外少年少女」

  9. 総務省「サイバーセキュリティエキスパート」に GMOイエラエ 執行役員 奥野史一氏 就任

  10. 脆弱性情報フィルタリングツール「mjcheck4」最新版公開 SBOM対応ほか

アクセスランキングをもっと見る

「経理」「営業」「企画」「プログラミング」「デザイン」と並ぶ、事業で成功するためのビジネスセンスが「セキュリティ」
「経理」「営業」「企画」「プログラミング」「デザイン」と並ぶ、事業で成功するためのビジネスセンスが「セキュリティ」

ページ右上「ユーザー登録」から会員登録すれば会員限定記事を閲覧できます。毎週月曜の朝、先週一週間のセキュリティ動向を総括しふりかえるメルマガをお届け。(写真:ScanNetSecurity 名誉編集長 りく)

×