「ロリポップ!」のサイト改ざん、パーミッションの設定不備を悪用(paperboy&co.) | ScanNetSecurity
2022.01.22(土)

「ロリポップ!」のサイト改ざん、パーミッションの設定不備を悪用(paperboy&co.)

paperboy&co.は、「ロリポップ!レンタルサーバー」において、第三者からの大規模攻撃によりWordPressを利用しているユーザのサイトが改ざんされる被害が発生したことについて続報を発表した。

インシデント・事故 インシデント・情報漏えい
株式会社paperboy&co.は9月2日、同社が提供する「ロリポップ!レンタルサーバー」において、第三者からの大規模攻撃によりWordPressを利用しているユーザのサイトが改ざんされる被害が発生したことについて、続報を発表した。これは8月29日に確認されたもので、ユーザの管理画面に不正アクセスされ、8,438件のサイトでデータの改ざんや不正ファイルの設置がなされたというもの。

8月30日には、改ざんの手法としてWordPressのプラグインやテーマの脆弱性を侵入経路として、同社のパーミッションの設定不備を利用されたことが原因であることを確認したと発表している。WordPressの設定ファイルであるwp-config.phpからデータベース接続に必要な情報を抜き出して情報を書き換えられたもので、それ以外のデータに影響はないとしている。同社では引き続き対策を進めており、随時その進捗状況を発表している。
《吉澤 亨史( Kouji Yoshizawa )》

関連記事

Scan PREMIUM 会員限定記事

もっと見る

Scan PREMIUM 会員限定記事特集をもっと見る

カテゴリ別新着記事

「経理」「営業」「企画」「プログラミング」「デザイン」と並ぶ、事業で成功するためのビジネスセンスが「セキュリティ」
「経理」「営業」「企画」「プログラミング」「デザイン」と並ぶ、事業で成功するためのビジネスセンスが「セキュリティ」

ページ右上「ユーザー登録」から会員登録すれば会員限定記事を閲覧できます。毎週月曜の朝、先週一週間のセキュリティ動向を総括しふりかえるメルマガをお届け。(写真:ScanNetSecurity 名誉編集長 りく)

×