OCN IDのサーバに不正アクセス、最大約400万のアカウント情報が流出か(NTT Com) | ScanNetSecurity[国内最大級のサイバーセキュリティ専門ポータルサイト]
2018.04.26(木)

OCN IDのサーバに不正アクセス、最大約400万のアカウント情報が流出か(NTT Com)

インシデント・事故 インシデント・情報漏えい

NTTコミュニケーションズ株式会社(NTT Com)は7月24日、同社が提供する、メールアドレスを利用して各種WebサービスにログインできるOCN IDのサーバにおいて、外部からの不正アクセスが発生していたことが判明したと発表した。これは7月23日、同サーバに5つの不審なプログラムファイルを発見したというもの。

当該ファイルや通信ログなどを調査した結果、OCN IDのサーバが外部から不正なアクセスを受け、OCN ID用のメールアドレス・パスワードを外部に抽出しようとするプログラムファイルを混入されたことが判明した。同社では情報流出を防ぐため、直ちに当該プログラムファイルの無効化を実施している。しかし、最大約400万のOCN ID用メールアドレスと暗号化されたパスワードが外部に流出した可能性があるとしている。
《吉澤 亨史》

関連記事

Scan PREMIUM 会員限定記事

もっと見る

Scan PREMIUM 会員限定記事特集をもっと見る

カテゴリ別新着記事

★★Scan PREMIUM 会員限定コンテンツにフルアクセスが可能となります★★
<b>★★Scan PREMIUM 会員限定コンテンツにフルアクセスが可能となります★★</b>

経営課題としてサイバーセキュリティに取り組む情報システム部門や、研究・開発・経営企画に携わる方へ向けた、創刊19年のセキュリティ情報サービス Scan PREMIUM を、貴社の事業リスク低減のためにご活用ください。

×