不正アクセスによりWebサイト改ざん、閲覧者を不正なサイトに誘導も(西日本鉄道) | ScanNetSecurity[国内最大級のサイバーセキュリティ専門ポータルサイト]
2018.04.26(木)

不正アクセスによりWebサイト改ざん、閲覧者を不正なサイトに誘導も(西日本鉄道)

インシデント・事故 インシデント・情報漏えい

西日本鉄道株式会社は7月12日、同社ホームページの一部が第三者からの不正アクセスにより改ざんされていたことが判明したと発表した。改ざんされていた可能性のある期間は7月8日21時頃から7月11日20時50分頃までで、「高宮はるかのにしてつ新発見!」(http://blg.nnr.co.jp/haruka/)および「西鉄駅伝部」(http://blg.nnr.co.jp/ekiden/)の2つのコンテンツが改ざんされていた。

改ざんされていた期間に同コンテンツを閲覧した場合、不正なサイトに誘導される可能性があったとしている。なお、現在は被害を受けたサーバのネットワークからの切断やセキュリティ強化等の対策は実施済であり、利用者の情報流失などもないとしている。
《吉澤 亨史》

関連記事

Scan PREMIUM 会員限定記事

もっと見る

Scan PREMIUM 会員限定記事特集をもっと見る

カテゴリ別新着記事

★★Scan PREMIUM 会員限定コンテンツにフルアクセスが可能となります★★
<b>★★Scan PREMIUM 会員限定コンテンツにフルアクセスが可能となります★★</b>

経営課題としてサイバーセキュリティに取り組む情報システム部門や、研究・開発・経営企画に携わる方へ向けた、創刊19年のセキュリティ情報サービス Scan PREMIUM を、貴社の事業リスク低減のためにご活用ください。

×