顧客情報を記録したノートPCが車上荒らしに遭い奪われる(東京海上日動あんしん生命保険) | ScanNetSecurity[国内最大級のサイバーセキュリティ専門ポータルサイト]
2018.07.23(月)

顧客情報を記録したノートPCが車上荒らしに遭い奪われる(東京海上日動あんしん生命保険)

インシデント・事故 インシデント・情報漏えい

東京海上日動あんしん生命保険株式会社は7月1日、顧客情報が記録されたノートPCの盗難事故が発生したと発表した。これは6月26日21時30分頃、ライフパートナー社員(営業職員)が愛知県名古屋市内の駐車場に停車し、10分程度、車のそばから離れた間に、後部座席の窓ガラスを割られPCの入った鞄を奪われたというもの。

異変に気付いた当該社員は、直ちに警察に通報するとともに付近を探索したが、鞄は発見できなかった。盗難されたPCには、最大307名分の顧客情報(顧客名、生年月日、性別、電話番号)が記録されていた。また、顧客から預かったアンケート用紙等(最大53名分)も入っていた。なお、当該PCの起動には指紋認証が必要であり、情報は暗号化して保存するなどのセキュリティ対策を施してあるという。
《吉澤 亨史( Kouji Yoshizawa )》

関連記事

Scan PREMIUM 会員限定記事

もっと見る

Scan PREMIUM 会員限定記事特集をもっと見る

カテゴリ別新着記事

★★Scan PREMIUM 会員限定コンテンツにフルアクセスが可能となります★★
<b>★★Scan PREMIUM 会員限定コンテンツにフルアクセスが可能となります★★</b>

経営課題としてサイバーセキュリティに取り組む情報システム部門や、研究・開発・経営企画に携わる方へ向けた、創刊19年のセキュリティ情報サービス Scan PREMIUM を、貴社の事業リスク低減のためにご活用ください。

×