海賊版PCゲームと「改造データ」をセットで販売していた男性を逮捕(ACCS) | ScanNetSecurity[国内最大級のサイバーセキュリティ専門ポータルサイト]
2018.09.22(土)

海賊版PCゲームと「改造データ」をセットで販売していた男性を逮捕(ACCS)

ACCSによると、大阪府四条畷署は、インターネットオークションを悪用し海賊版を販売していた大阪市旭区のアルバイト男性を、著作権法違反の疑いで逮捕した。

インシデント・事故 インシデント・情報漏えい
社団法人コンピュータソフトウェア著作権協会(ACCS)は5月20日、大阪府四条畷署が5月16日、インターネットオークションを悪用し海賊版を販売していた大阪市旭区のアルバイト男性(33歳)を、著作権法違反(海賊版の頒布)の疑いで逮捕したことを著作権侵害事件として発表した。

男性は2012年10月18日頃および同23日頃、株式会社カプコンが著作権を有するPC「バイオハザード4」(日本版)他2タイトルが複製されたマイクロSDカードおよびUSBメモリを大阪府内の男性に対し、11,250円で販売していた。男性は、PCゲームの海賊版と、「改造データ」(ゲームの進行状況やキャラクターを示す数値等を意図的に改変したデータという性質を有するものなど)をセットにして販売していた。
《吉澤 亨史( Kouji Yoshizawa )》

関連記事

Scan PREMIUM 会員限定記事

もっと見る

Scan PREMIUM 会員限定記事特集をもっと見る

カテゴリ別新着記事

★★Scan PREMIUM 会員限定コンテンツにフルアクセスが可能となります★★
<b>★★Scan PREMIUM 会員限定コンテンツにフルアクセスが可能となります★★</b>

経営課題としてサイバーセキュリティに取り組む情報システム部門や、研究・開発・経営企画に携わる方へ向けた、創刊19年のセキュリティ情報サービス Scan PREMIUM を、貴社の事業リスク低減のためにご活用ください。

×