クラウドセキュリティの責任所在は認識にズレ--グローバル調査(CA Technologies) | ScanNetSecurity
2020.10.28(水)

クラウドセキュリティの責任所在は認識にズレ--グローバル調査(CA Technologies)

CA Technologiesは、同社と独立系調査会社のPonemon Instituteによる調査レポート「Security of Cloud Computing Users 2013(クラウド・コンピューティング・ユーザのセキュリティ 2013)」を発表した。

調査・レポート・白書 調査・ホワイトペーパー
CA Technologiesは4月9日、同社と独立系調査会社のPonemon Instituteによる調査レポート「Security of Cloud Computing Users 2013(クラウド・コンピューティング・ユーザのセキュリティ 2013)」を発表した。本調査は、米国内のITおよびITセキュリティの専門家を対象に行われたもので、回答者の大半(64%)は、企業や組織内で管理職以上の役職を務め、ITまたはデータ・セキュリティの分野で平均10年の業務経験を持つスペシャリストであった。また、70%の回答者が社員数5,000人超の企業で勤務している。

調査結果によると、2010年に実施された同様の調査と比較してクラウド・コンピューティングにおけるセキュリティへの取り組みが改善していることが明らかになった。その一方で、クラウド・セキュリティのベストプラクティスの実施、クラウド・サービスの信頼性、利用しているクラウド・サービスの認知などに関する質問に対しては、肯定的な回答は50%前後にとどまり、企業側が疑問や懸念を抱いている様子も浮かび上がっている。また、「クラウド・セキュリティの責任は誰が負うのか」に対する回答は、プロバイダ、エンドユーザ、IT部門などさまざまで、責任主体について回答者の認識にズレがあることが明らかになっている。
《吉澤 亨史( Kouji Yoshizawa )》

関連記事

Scan PREMIUM 会員限定記事

もっと見る

Scan PREMIUM 会員限定記事特集をもっと見る

カテゴリ別新着記事

★★10/15~11/30迄 創刊22周年記念価格提供中★★
★★10/15~11/30迄 創刊22周年記念価格提供中★★

2020年10月15日(木)~11月30日(月) の間 ScanNetSecurity 創刊22周年記念価格で提供。

×