「Tサイト」の299IDに不正ログインが発生、Tポイントを不正利用される(CCC) | ScanNetSecurity[国内最大級のサイバーセキュリティ専門ポータルサイト]
2018.11.18(日)

「Tサイト」の299IDに不正ログインが発生、Tポイントを不正利用される(CCC)

CCCは、同社が運営する「Tサイト」において、なりすましによる不正ログインが発生したと発表した。

インシデント・事故 インシデント・情報漏えい
カルチュア・コンビニエンス・クラブ株式会社(CCC)は4月5日、同社が運営する「Tサイト」において、なりすましによる不正ログインが発生したと発表した。これは3月27日、ユーザより身に覚えのないTポイント利用履歴があるとの問い合わせがあり、該当サービスを即時停止した上、セキュリティ専門会社と連携し調査を行ったところ、ユーザになりすましてIDとパスワードを使用した不正ログインによるTポイントギフトの利用が確認されたというもの。

調査の結果、なりすましによる不正ログインによって、Tポイントが利用をされたID数は299IDであった。なお、外部からの侵入などによる同社からのIDとパスワードの漏えいは確認されていないとしている。同社では、顧客情報保護の観点から、Tポイントの不正利用が確認されたユーザへは3月29日にパスワード変更などのお願いについて個別に連絡しているという。
《吉澤 亨史( Kouji Yoshizawa )》

関連記事

Scan PREMIUM 会員限定記事

もっと見る

Scan PREMIUM 会員限定記事特集をもっと見る

カテゴリ別新着記事

(。・ω・)ゞ !!11月末迄 ScanNetSecurity創刊20周年特別キャンペーン実施中。会員限定 PREMIUM 記事読み放題。現在通常料金半額以下!!
(。・ω・)ゞ !!11月末迄 ScanNetSecurity創刊20周年特別キャンペーン実施中。会員限定 PREMIUM 記事読み放題。現在通常料金半額以下!!

サイバーセキュリティの専門誌 ScanNetSecurity は 1998年の創刊から20周年を迎え、感謝を込めた特別キャンペーンを実施中。創刊以来史上最大割引率。次は30周年が来るまでこの価格はもうありません!

×