「フレッツ光メンバーズクラブ」の会員サイトに対して不正アクセスを検知(東日本) | ScanNetSecurity[国内最大級のサイバーセキュリティ専門ポータルサイト]
2018.10.21(日)

「フレッツ光メンバーズクラブ」の会員サイトに対して不正アクセスを検知(東日本)

NTT東日本は、同社が運営するフレッツ光の会員制プログラム「フレッツ光メンバーズクラブ」の会員サイトに対して不正アクセスを検知したため、アクセス遮断などを実施したと発表した。

インシデント・事故 インシデント・情報漏えい
東日本電信電話株式会社(NTT東日本)は4月4日、同社が運営するフレッツ光の会員制プログラム「フレッツ光メンバーズクラブ」の会員サイトに対して不正アクセスを検知したため、アクセス遮断などを実施したと発表した。これは4月4日12時47分以降、特定のIPアドレスから断続的に大量の不正アクセスがあり、遮断、調査を開始したところ、不正ログインを試みた痕跡などを確認したというもの。

フレッツ光メンバーズクラブの30アカウントについて、不正ログインされニックネームと保有ポイント数が閲覧された可能性がある。なお、ユーザの連絡先電話番号、性別、郵便番号、メールアドレスなどが登録されている会員情報登録ページへのアクセスは確認されていないという。同社では、対処不正ログインされた可能性のあるアカウントをログインロックするとともに、、暫定的にフレッツ光メンバーズクラブの会員サイトへのログインを規制している。
《吉澤 亨史( Kouji Yoshizawa )》

関連記事

Scan PREMIUM 会員限定記事

もっと見る

Scan PREMIUM 会員限定記事特集をもっと見る

カテゴリ別新着記事

(。・ω・)ゞ !!ScanNetSecurity創刊20周年特別キャンペーン実施中。会員限定 PREMIUM 記事読み放題。早割10月末迄。現在通常料金半額以下!!
<b>(。・ω・)ゞ !!ScanNetSecurity創刊20周年特別キャンペーン実施中。会員限定 PREMIUM 記事読み放題。早割<font color=10月末迄。現在通常料金半額以下!!">

サイバーセキュリティの専門誌 ScanNetSecurity は 1998年の創刊から20周年を迎え、感謝を込めた特別キャンペーンを実施中。創刊以来史上最大割引率。次は30周年が来るまでこの価格はもうありません

×