XORSearch(Scan Tech Report) | ScanNetSecurity[国内最大級のサイバーセキュリティ専門ポータルサイト]
2017.11.19(日)

XORSearch(Scan Tech Report)

脆弱性と脅威 エクスプロイト

1.XORSearchとは
Didier Stevens氏によって開発された「XORSearch」は、XOR, ROL, ROT演算を利用して暗号化されたファイルに対して、ブルートフォースで復号化を試みることができるコマンドラインツールです。XORSearchは、2007年から公開されているツールですが、MAC OSX版もリリースされてWindows、Linux、MAC OSX上と複数のOS上で動作させることができます。

これら演算を使用した暗号は比較的簡単なものでありますが、マルウェア作者にはデータを難読化する方法として依然人気がある手口です。例えば、マルウェア感染ホスト内にある不正ファイルやWebフィルタリングソフトのHTTP POSTのログ、パケットキャプチャデータの解析時など、マルウェア解析や不正通信の調査時に難読化データに遭遇する機会は増えてきてますので、実際にこのようなデータに遭遇したような場合、復号を諦めている読者の方も多いと思いますが、XORSearchのような比較的すぐ簡単にチェックできるツールも存在しますので、一度試してみると良いと思います。


2.ダウンロード
XORSearchは次のURLよりダウンロードできます。執筆時点での最新バージョン
は1.7.0となっています。

XORSearch:
http://blog.didierstevens.com/programs/xorsearch/


3.インストール
インストールは標準のgccでコンパイルを実行して完了です。
ここではOSはUbuntu Desktop 12.10を使用しています。

$ gcc -o xorsearch XORSearch.c -v
組み込み spec を使用しています。
COLLECT_GCC=gcc
COLLECT_LTO_WRAPPER=/usr/lib/gcc/x86_64-linux-gnu/4.6/lto-wrapper
ターゲット: x86_64-linux-gnu
configure 設定: ../src/configure -v --with-pkgversion='Ubuntu/Linaro 4.6.3-1ubuntu5' --with-bugurl=file:///usr/share/doc/gcc-4.6/README.Bugs --enable-languages=c,c++,fortran,objc,obj-c++ --prefix=/usr --program-suffix=-4.6 --enable-shared --enable-linker-build-id --with-system-zlib --libexecdir=/usr/lib --without-included-gettext --enable-threads=posix --with-gxx-include-dir=/usr/include/c++/4.6 --libdir=/usr/lib --enable-nls --with-sysroot=/ --enable-clocale=gnu --enable-libstdcxx-debug --enable-libstdcxx-time=yes --enable-gnu-unique-object --enable-plugin --enable-objc-gc --disable-werror --with-arch-32=i686 --with-tune=generic --enable-checking=release --build=x86_64-linux-gnu --host=x86_64-linux-gnu --target=x86_64-linux-gnu
スレッドモデル: posix
gcc バージョン 4.6.3 (Ubuntu/Linaro 4.6.3-1ubuntu5)
COLLECT_GCC_OPTIONS='-o' 'xorsearch' '-v' '-mtune=generic' '-march=x86-64'
/usr/lib/gcc/x86_64-linux-gnu/4.6/cc1 -quiet -v -imultilib . -imultiarch x86_64-linux-gnu XORSearch.c -quiet -dumpbase XORSearch.c -mtune=generic -march=x86-64 -auxbase XORSearch -version -fstack-protector -o /tmp/cc00s83j.s
GNU C (Ubuntu/Linaro 4.6.3-1ubuntu5) version 4.6.3 (x86_64-linux-gnu)
compiled by GNU C version 4.6.3, GMP version 5.0.2, MPFR version 3.1.0-p3, MPC version 0.9
GGC heuristics: --param ggc-min-expand=100 --param ggc-min-heapsize=131072
存在しないディレクトリ "/usr/local/include/x86_64-linux-gnu" を無視します
存在しないディレクトリ "/usr/lib/gcc/x86_64-linux-gnu/4.6/../../../../x86_64-linux-gnu/include" を無視します
#include "..." の探索はここから始まります:
#include <...> の探索はここから始まります:
/usr/lib/gcc/x86_64-linux-gnu/4.6/include
/usr/local/include
/usr/lib/gcc/x86_64-linux-gnu/4.6/include-fixed
/usr/include/x86_64-linux-gnu
/usr/include
探索リストの終わりです。
GNU C (Ubuntu/Linaro 4.6.3-1ubuntu5) version 4.6.3 (x86_64-linux-gnu)
compiled by GNU C version 4.6.3, GMP version 5.0.2, MPFR version 3.1.0-p3, MPC version 0.9
GGC heuristics: --param ggc-min-expand=100 --param ggc-min-heapsize=131072
Compiler executable checksum: 75e879ed14f91af504f4150eadeaa0e6
COLLECT_GCC_OPTIONS='-o' 'xorsearch' '-v' '-mtune=generic' '-march=x86-64'
as --64 -o /tmp/ccr9VpgW.o /tmp/cc00s83j.s
COMPILER_PATH=/usr/lib/gcc/x86_64-linux-gnu/4.6/:/usr/lib/gcc/x86_64-linux-gnu/4.6/:/usr/lib/gcc/x86_64-linux-gnu/:/usr/lib/gcc/x86_64-linux-gnu/4.6/:/usr/lib/gcc/x86_64-linux-gnu/
LIBRARY_PATH=/usr/lib/gcc/x86_64-linux-gnu/4.6/:/usr/lib/gcc/x86_64-linux-gnu/4.6/../../../x86_64-linux-gnu/:/usr/lib/gcc/x86_64-linux-gnu/4.6/../../../../lib/:/lib/x86_64-linux-gnu/:/lib/../lib/:/usr/lib/x86_64-linux-gnu/:/usr/lib/../lib/:/usr/lib/gcc/x86_64-linux-gnu/4.6/../../../:/lib/:/usr/lib/
COLLECT_GCC_OPTIONS='-o' 'xorsearch' '-v' '-mtune=generic' '-march=x86-64'
/usr/lib/gcc/x86_64-linux-gnu/4.6/collect2 --sysroot=/ --build-id --no-add-needed --as-needed --eh-frame-hdr -m elf_x86_64 --hash-style=gnu -dynamic-linker /lib64/ld-linux-x86-64.so.2 -z relro -o xorsearch /usr/lib/gcc/x86_64-linux-gnu/4.6/../../../x86_64-linux-gnu/crt1.o /usr/lib/gcc/x86_64-linux-gnu/4.6/../../../x86_64-linux-gnu/crti.o /usr/lib/gcc/x86_64-linux-gnu/4.6/crtbegin.o -L/usr/lib/gcc/x86_64-linux-gnu/4.6 -L/usr/lib/gcc/x86_64-linux-gnu/4.6/../../../x86_64-linux-gnu -L/usr/lib/gcc/x86_64-linux-gnu/4.6/../../../../lib -L/lib/x86_64-linux-gnu -L/lib/../lib -L/usr/lib/x86_64-linux-gnu -L/usr/lib/../lib -L/usr/lib/gcc/x86_64-linux-gnu/4.6/../../.. /tmp/ccr9VpgW.o -lgcc --as-needed -lgcc_s --no-as-needed -lc -lgcc --as-needed -lgcc_s --no-as-needed /usr/lib/gcc/x86_64-linux-gnu/4.6/crtend.o /usr/lib/gcc/x86_64-linux-gnu/4.6/../../../x86_64-linux-gnu/crtn.o


4.テスト準備
(Web非公開)

5.実行する
(Web非公開)

6.XORSearch使い方、オプション
(Web非公開)

(執筆:株式会社ラック サイバー脅威分析センター

※Web非公開該当コンテンツ閲覧をご希望の方はScan Tech Reportにご登録(有料)下さい。

Scan Tech Report
http://scan.netsecurity.ne.jp/archives/51916302.html

《吉澤 亨史》

関連記事

Scan PREMIUM 会員限定記事

もっと見る

Scan PREMIUM 会員限定記事特集をもっと見る

Scan BASIC 会員限定記事

もっと見る

Scan BASIC 会員限定記事特集をもっと見る

[Web小説] サイバー探偵 工藤伸治の事件簿サーガ (シーズン 1~6 第1話)

もっと見る

[Web小説] サイバー探偵 工藤伸治の事件簿サーガ (シーズン 1~6 第1話)特集をもっと見る

カテゴリ別新着記事

脆弱性と脅威 カテゴリの人気記事 MONTHLY ランキング

  1. 「KRACKs」に対して、現時点で想定される脅威と対策をまとめたレポート(NTTデータ先端技術)

    「KRACKs」に対して、現時点で想定される脅威と対策をまとめたレポート(NTTデータ先端技術)

  2. Microsoft Windows OS において DLL Hijacking により UAC を回避する手法(Scan Tech Report)

    Microsoft Windows OS において DLL Hijacking により UAC を回避する手法(Scan Tech Report)

  3. ランサムウェア「Bad Rabbit」感染に注意喚起、水飲み場攻撃を実行か(IPA)

    ランサムウェア「Bad Rabbit」感染に注意喚起、水飲み場攻撃を実行か(IPA)

  4. 「GNU Wget」にリモートから任意のコードを実行される複数の脆弱性(JVN)

  5. Savitech製USBオーディオドライバに、ルートCA証明書を導入される脆弱性(JVN)

  6. GNU wget に HTTP プロトコルのハンドリングにおける値検証不備に起因するバッファオーバーフローの脆弱性(Scan Tech Report)

  7. アップルがSafari、macOS、iOSなどのアップデートを公開、適用を呼びかけ(JVN)

  8. トレンドマイクロの管理マネージャに複数の脆弱性(JVN)

  9. 2017年第3四半期はダウンローダーの検出が急増、前四半期の約31倍に(IPA)

  10. WPA2の脆弱性「KRACKs」に注意喚起、通信を盗聴される可能性(JVN)

全カテゴリランキング

特集

★★Scan PREMIUM 会員限定コンテンツにフルアクセスが可能となります★★
<b>★★Scan PREMIUM 会員限定コンテンツにフルアクセスが可能となります★★</b>

経営課題としてサイバーセキュリティに取り組む情報システム部門や、研究・開発・経営企画に携わる方へ向けた、創刊19年のセキュリティ情報サービス Scan PREMIUM を、貴社の事業リスク低減のためにご活用ください。

×