大学病院の医師が患者の個人情報を記録したUSBメモリを紛失(広島大学) | ScanNetSecurity
2022.01.29(土)

大学病院の医師が患者の個人情報を記録したUSBメモリを紛失(広島大学)

広島大学は3月22日、同大学病院の医師が個人情報を記録したUSBメモリを紛失していたことが判明したと発表した。

インシデント・事故 インシデント・情報漏えい
国立大学法人広島大学は3月22日、同大学病院の医師が個人情報を記録したUSBメモリを紛失していたことが判明したと発表した。当該医師は、臨床研究に活用するため、電子カルテを参考に資料を作成し、論文や実験データと併せてUSBメモリに保存していたが、2月28日に当該医師がUSBメモリを研究室で使用後、院内において紛失したものと思われる。

紛失したUSBメモリには、265名分の患者のデータ(患者氏名、患者ID、性別、主治医名、年齢、入院日、病名、経過、検査所見等)が記録されていた。なお、住所、電話番号、連絡先は含まれておらず、一部の患者データ(97名分)については、パスワードを設定してあったという。
《吉澤 亨史( Kouji Yoshizawa )》

関連記事

Scan PREMIUM 会員限定記事

もっと見る

Scan PREMIUM 会員限定記事特集をもっと見る

カテゴリ別新着記事

「経理」「営業」「企画」「プログラミング」「デザイン」と並ぶ、事業で成功するためのビジネスセンスが「セキュリティ」
「経理」「営業」「企画」「プログラミング」「デザイン」と並ぶ、事業で成功するためのビジネスセンスが「セキュリティ」

ページ右上「ユーザー登録」から会員登録すれば会員限定記事を閲覧できます。毎週月曜の朝、先週一週間のセキュリティ動向を総括しふりかえるメルマガをお届け。(写真:ScanNetSecurity 名誉編集長 りく)

×