患者と看護研修生の個人情報が記録されたUSBメモリを紛失(名古屋大学) | ScanNetSecurity[国内最大級のサイバーセキュリティ専門ポータルサイト]
2018.06.18(月)

患者と看護研修生の個人情報が記録されたUSBメモリを紛失(名古屋大学)

インシデント・事故 インシデント・情報漏えい

名古屋大学は3月12日、同学医学部附属病院において患者58名分と看護研修生6名分の個人情報が記録されたUSBメモリを紛失していたことが発覚したと発表した。これは2月27日、同院職員が別部署において、看護研修生のデータを取得するため院内で持ち歩き、3月4日に再度使用しようとした際に見当らず紛失に気付いたというもの。以後、関係部署等を探しているが、現時点では発見に至っていないという。

紛失したUSBメモリには、診療用に記録していた同院の患者の個人情報(患者ID番号、疾患名、診療科)および看護研修用に記録していた看護研修生の個人情報(氏名、緊急連絡先、携帯メールアドレス、PCのメールアドレス)が記録されていた。
《吉澤 亨史》

関連記事

Scan PREMIUM 会員限定記事

もっと見る

Scan PREMIUM 会員限定記事特集をもっと見る

人気過去記事

もっと見る

人気過去記事特集をもっと見る

カテゴリ別新着記事

★★Scan PREMIUM 会員限定コンテンツにフルアクセスが可能となります★★
<b>★★Scan PREMIUM 会員限定コンテンツにフルアクセスが可能となります★★</b>

経営課題としてサイバーセキュリティに取り組む情報システム部門や、研究・開発・経営企画に携わる方へ向けた、創刊19年のセキュリティ情報サービス Scan PREMIUM を、貴社の事業リスク低減のためにご活用ください。

×