BYODの実現に必要な検討要素をまとめたガイドラインを公開(アイキューブドシステムズ) | ScanNetSecurity
2022.11.30(水)

BYODの実現に必要な検討要素をまとめたガイドラインを公開(アイキューブドシステムズ)

アイキューブドシステムズは、個人所有のスマートフォンやタブレット端末を業務で利用するBYODの実現に必要な検討要素をまとめた「BYODガイドライン 2013」を公開した。

調査・レポート・白書・ガイドライン 調査・ホワイトペーパー
株式会社アイキューブドシステムズは3月14日、個人所有のスマートフォンやタブレット端末を業務で利用するBYODの実現に必要な検討要素をまとめた「BYODガイドライン 2013」を公開した。本ガイドラインは、同社の4,500社以上のスマートデバイス導入事例から得た知見をもとにまとめたもの。

ガイドラインでは、企業の生産性と従業員の満足度を両立させるBYODを実現するキーサクセスファクターを「デバイスの利用用途を決定する」「守るべき情報の範囲を決定する」「運用方針を決定する」「展開方法を決定する」の4つにまとめた上で、具体的な導入方法も含めて制作している。ガイドラインは同社サイトからダウンロードが可能。
《吉澤 亨史( Kouji Yoshizawa )》

関連記事

Scan PREMIUM 会員限定記事

もっと見る

Scan PREMIUM 会員限定記事特集をもっと見る

カテゴリ別新着記事

★★10/12~11/30迄 創刊24周年記念価格提供中★★
★★10/12~11/30迄 創刊24周年記念価格提供中★★

2022年10月12日(水)~11月30日(水) の間 ScanNetSecurity 創刊24周年記念価格で提供。

×