注目を集めたMac OSを狙うトロイの木馬など--2012年ウイルスレビュー(Dr.WEB) | ScanNetSecurity[国内最大級のサイバーセキュリティ専門ポータルサイト]
2017.11.25(土)

注目を集めたMac OSを狙うトロイの木馬など--2012年ウイルスレビュー(Dr.WEB)

調査・レポート・白書 調査・ホワイトペーパー

株式会社Doctor Web Pacific(Dr.WEB)は2月13日、「2012年のウイルスレビュー」を発表した。2012年は、Mac OSを狙ったトロイの木馬「Backdoor.Flashback.39」の大規模な拡散に注目が集まり、世界中のコミュニティを震撼させ、ユーザのApple OSに対する「安全」神話を根底から覆す結果となった。さらに、トロイの木馬エンコーダの亜種、およびそれらによる感染数も2012年の間に大幅に増加した。ファイルウイルス「Win32.Rmnet.12」に感染したコンピュータで構成される、これまでで最も大規模なボットネットのひとつは、その台数が600万を超えた。また、Google Androidモバイルプラットフォームを狙ったマルウェアの多様化が進んだ1年だったとしている。

また、2013年の主な動向を予測しており、脆弱性(Javaなど)を悪用するトロイの木馬、Apple互換機のみを標的としたボットネットなど、Mac OS Xを狙った脅威の増加。Androidモバイルプラットフォームを狙った多様なマルウェアも大幅に増加。その増加率は、現在知られている脅威の50~100%にもなる可能性がある。Windows OSを標的とするボットネットの拡大が続く(ボットネット消滅のための対策が取られない限り)。Windows 8で使用されている特定のテクノロジーや脆弱性を悪用するウイルス、トロイの木馬が出現。例として、Windows 8を搭載したタブレットPCのGPSを傍受するマルウェアなどが考えられる。バンキングトロイの木馬がさらに高度化し、より広く拡散される。Webカメラ、マイクロフォン、GPSレシーバーを使用してユーザを監視するマルウェアが増加。クラウドサービスやその他のサービスを利用した新たな脅威の出現などを挙げている。
《吉澤 亨史》

関連記事

Scan PREMIUM 会員限定記事

もっと見る

Scan PREMIUM 会員限定記事特集をもっと見る

Scan BASIC 会員限定記事

もっと見る

Scan BASIC 会員限定記事特集をもっと見る

[Web小説] サイバー探偵 工藤伸治の事件簿サーガ (シーズン 1~6 第1話)

もっと見る

[Web小説] サイバー探偵 工藤伸治の事件簿サーガ (シーズン 1~6 第1話)特集をもっと見る

カテゴリ別新着記事

調査・レポート・白書 カテゴリの人気記事 MONTHLY ランキング

  1. 最多脆弱性ブラウザはChrome、最もパッチが適用されていないブラウザは(フレクセラ)

    最多脆弱性ブラウザはChrome、最もパッチが適用されていないブラウザは(フレクセラ)

  2. 狙われるATM、ネットワーク感染やATMマルウェアの地下市場での販売を確認(トレンドマイクロ)

    狙われるATM、ネットワーク感染やATMマルウェアの地下市場での販売を確認(トレンドマイクロ)

  3. 2016年の個人情報漏えい調査、件数の減少は小規模漏えいの非公表化か(JNSA)

    2016年の個人情報漏えい調査、件数の減少は小規模漏えいの非公表化か(JNSA)

  4. ネットワークセキュリティ市場は堅調に拡大、不正アクセス監視やSSOに注目(富士キメラ総研)

  5. 産業用制御システムでもランサムウェアを検知--上半期レポート(カスペルスキー)

  6. セキュリティ関連機器・システム/サービス市場、需要のピークは2019年か(富士経済)

  7. 2016年の個人情報漏えい、「紛失・置き忘れ」原因が大きく後退(JNSA)

  8. IT予算に占める情報セキュリティ予算、割合は増加するも金額は減少(カスペルスキー)

  9. ランサムウェアの被害件数は前年から約3.5倍、検出台数は約9.8倍に(トレンドマイクロ)

  10. 最も多くパスワードに使われた日本人女性の名前

全カテゴリランキング

特集

★★Scan PREMIUM 会員限定コンテンツにフルアクセスが可能となります★★
<b>★★Scan PREMIUM 会員限定コンテンツにフルアクセスが可能となります★★</b>

経営課題としてサイバーセキュリティに取り組む情報システム部門や、研究・開発・経営企画に携わる方へ向けた、創刊19年のセキュリティ情報サービス Scan PREMIUM を、貴社の事業リスク低減のためにご活用ください。

×