Webの300人/300ブラウザ同時アクセステストを1台のPCで実現(アズビル セキュリティフライデー) | ScanNetSecurity
2021.06.17(木)

Webの300人/300ブラウザ同時アクセステストを1台のPCで実現(アズビル セキュリティフライデー)

アズビル セキュリティフライデーは、Webサーバの同時アクセステストを、1台のPCで手軽に実施できるソフトウェア「WebTaster-Z」を開発、販売を開始した。

製品・サービス・業界動向 新製品・新サービス
アズビル セキュリティフライデー株式会社は11月21日、「WebTaster-Z」を開発し同日より販売開始したと発表した。本製品は、さまざまなサービスのユーザインタフェースとして使われるようになったWebサーバ(Webインタフェース)の同時アクセステストを、1台のPCで手軽に実施できるソフトウェア。ライセンス価格は、1年版が15万円、2カ月版が3万円。ただし、5ユーザまでの利用は無償となっている。

本製品により、1台のPC上で300ユーザ/300ブラウザでのWebアクセスを容易に実現できる。ブラウザ上でのWebの操作をそのまま記録し、300ユーザで再生する方式を採用しているため、一般的なIT知識があれば誰でも簡単に使うことができることも特徴。また、レポート生成機能によりエラーの発生状況、平均アクセス時間などを記載したレポートをHTML方式で生成できる。さらに、期間ライセンス方式(ソフト電池方式)を採用、必要な時に期間ライセンスを購入して使用することができ、無駄なコストが発生しない。
《吉澤 亨史( Kouji Yoshizawa )》

関連記事

Scan PREMIUM 会員限定記事

もっと見る

Scan PREMIUM 会員限定記事特集をもっと見る

カテゴリ別新着記事

「経理」「営業」「企画」「プログラミング」「デザイン」と並ぶ、事業で成功するためのビジネスセンスが「セキュリティ」
「経理」「営業」「企画」「プログラミング」「デザイン」と並ぶ、事業で成功するためのビジネスセンスが「セキュリティ」

ページ右上「ユーザー登録」から会員登録すれば会員限定記事を閲覧できます。毎週月曜の朝、先週一週間のセキュリティ動向を総括しふりかえるメルマガをお届け。(写真:ScanNetSecurity 名誉編集長 りく)

×