ホワイトリスト型とAI型、制御システム専用ネットワークセンサ開発(アズビル セキュリティフライデー) | ScanNetSecurity
2019.11.20(水)

ホワイトリスト型とAI型、制御システム専用ネットワークセンサ開発(アズビル セキュリティフライデー)

アズビル セキュリティフライデーは、制御システムに特化したサイバーセキュリティ対策として、ネットワークセンサ「VISUACT-XA」をリリースしたと発表した。

製品・サービス・業界動向 新製品・新サービス
アズビル セキュリティフライデー株式会社は7月10日、制御システムに特化したサイバーセキュリティ対策として、ネットワークセンサ「VISUACT-XA」を同日リリースしたと発表した。価格(ソフトウェアライセンス)は年額250万円。電力、ガス、水道、石油、化学など重要インフラに位置付けられている分野のプラントや工場の制御システムには、一般的なITシステム用サイバー攻撃検知製品はネットワークに負荷がかかるなどの問題がある。

そこで同社は、制御システム専用のネットワークセンサ「VISUACT-XA」を開発。「VISUACT-XA」はインターネットへの接続を必要とせず、異常検知した場合はパトライト(回転灯)などの表示機器への直接通知も可能で、ネットワーク自体に悪影響を及ぼすことなく設置できる仕様となっている。センサ部には、許可されているアクセス以外を検知するホワイトリスト型(安全対象検知)のセンサと、Windowsの通信の中に隠れているサイバー攻撃を検知するAI型センサを併用することで、サイバー攻撃へのいち早い気づきを提供する。
《吉澤 亨史( Kouji Yoshizawa )》

関連記事

Scan PREMIUM 会員限定記事

もっと見る

Scan PREMIUM 会員限定記事特集をもっと見る

カテゴリ別新着記事

★★10/8~11/30迄 創刊21周年記念価格提供中★★
★★10/8~11/30迄 創刊21周年記念価格提供中★★

2019年10月8日(火)~11月30日(土) の間 ScanNetSecurity 創刊21周年記念価格で提供。

×