他のセキュリティ製品と組み合わせられる侵入検知ネットワークセンサ(アズビルセキュリティフライデー) | ScanNetSecurity
2022.10.07(金)

他のセキュリティ製品と組み合わせられる侵入検知ネットワークセンサ(アズビルセキュリティフライデー)

アズビルセキュリティフライデーは、ITシステムに侵入したサイバー攻撃を検知するネットワークセンサ「VISUACTTM-X」を2月1日に発売すると発表した。

製品・サービス・業界動向 新製品・新サービス
アズビルセキュリティフライデー株式会社は1月18日、ITシステムに侵入したサイバー攻撃を検知するネットワークセンサ「VISUACTTM-X」を2月1日に発売すると発表した。VISUACT-Xには、同社のコア技術である「VISUACTテクノロジ」(Windowsネットワークを見える化する技術)に加え、同社が新たに開発した、サイバー攻撃を早期に検知する「TAAN1 テクノロジ」を搭載した。

また「VISUACT-X」は、ネットワーク監視型を採用することで他のシステムと干渉を防いでいるため、稼働中のITシステムに悪影響を及ぼすことなく導入することができ、他のセキュリティ製品と組み合わせること可能としている。エンドポイントやゲートウェイ監視などのセキュリティ製品と組み合わせることで、
精度の高いサイバー攻撃検知システムの構築が可能となる。販売方式は、ソフトウェアのライセンス販売と、セキュリティ事業者へのOEM提供となり、価格は200万円から。
《吉澤 亨史( Kouji Yoshizawa )》

関連記事

Scan PREMIUM 会員限定記事

もっと見る

Scan PREMIUM 会員限定記事特集をもっと見る

カテゴリ別新着記事

「経理」「営業」「企画」「プログラミング」「デザイン」と並ぶ、事業で成功するためのビジネスセンスが「セキュリティ」
「経理」「営業」「企画」「プログラミング」「デザイン」と並ぶ、事業で成功するためのビジネスセンスが「セキュリティ」

ページ右上「ユーザー登録」から会員登録すれば会員限定記事を閲覧できます。毎週月曜の朝、先週一週間のセキュリティ動向を総括しふりかえるメルマガをお届け。(写真:ScanNetSecurity 名誉編集長 りく)

×