統合ログ管理システムに標的型サイバー攻撃対策用のテンプレート(インフォサイエンス、アズビル セキュリティフライデー) | ScanNetSecurity
2022.08.10(水)

統合ログ管理システムに標的型サイバー攻撃対策用のテンプレート(インフォサイエンス、アズビル セキュリティフライデー)

インフォサイエンスは、標的型サイバー攻撃の兆候を早期に発見する「Logstorage for VISUACT 標的型サイバー攻撃 対策テンプレート」の出荷を10月31日より開始する。

製品・サービス・業界動向 新製品・新サービス
インフォサイエンス株式会社は10月2日、標的型サイバー攻撃の兆候を早期に発見する「Logstorage for VISUACT 標的型サイバー攻撃 対策テンプレート」の出荷を10月31日より開始すると発表した。これは、インフォサイエンスの統合ログ管理システム「Logstorage」とアズビル セキュリティフライデー株式会社の「VISUACT」「Visuact-lite」を連携したもの。

本テンプレートは、パケットキャプチャ型のログ収集システムである「VISUACT」「Visuact-lite」が記録したアクセスログを「Logstorage」に自動連携させて使用するもの。各種レポートテンプレートにより、マルウェアの行動検出、不正に利用されやすい未使用アカウントや非管理PC・サーバの検出、さらにはマルウェアがC&Cサーバなど、外部の攻撃サイトにアクセスした履歴を出力するなど、マルウェアの侵入を早期に発見するためのレポートテンプレートとなっている。
《吉澤 亨史( Kouji Yoshizawa )》

関連記事

Scan PREMIUM 会員限定記事

もっと見る

Scan PREMIUM 会員限定記事特集をもっと見る

カテゴリ別新着記事

「経理」「営業」「企画」「プログラミング」「デザイン」と並ぶ、事業で成功するためのビジネスセンスが「セキュリティ」
「経理」「営業」「企画」「プログラミング」「デザイン」と並ぶ、事業で成功するためのビジネスセンスが「セキュリティ」

ページ右上「ユーザー登録」から会員登録すれば会員限定記事を閲覧できます。毎週月曜の朝、先週一週間のセキュリティ動向を総括しふりかえるメルマガをお届け。(写真:ScanNetSecurity 名誉編集長 りく)

×