人気のアプリになりすます「リパッケージ」Androidアプリに注意(アンラボ) | ScanNetSecurity[国内最大級のサイバーセキュリティ専門ポータルサイト]
2018.08.17(金)

人気のアプリになりすます「リパッケージ」Androidアプリに注意(アンラボ)

脆弱性と脅威 脅威動向

株式会社アンラボは10月15日、人気のアプリになりすました「リパッケージ」Androidアプリについて、ブログで注意喚起を発表している。リパッケージとは、アプリマーケットで他社が提供しているアプリをリバースエンジニアリングすることで無断で改変し、自社アプリとして配信するといった行為のこと。リパッケージには元のアプリの認証書などの変更が必要になるが、Java言語に理解があれば簡単にアプリの改ざんすることができる。このため元のアプリの開発者は防ぐことができない。

こういったリパッケージアプリは2011年に発見され、それ以降Google Playやサードパーティーマーケット、P2Pなどの多様な経路で流通、増加している。同社では対策方法として、「信頼されるマーケット」を利用し、信頼できない経路は避けるよう勧めている。また、リパッケージされたアプリは元のアプリの「アプリ名」と「アプリの製作者の情報」を同一にすることができない。人気があるアプリをダウンロードする際には、注意深く確認することが大事としている。なお、アプリから過度な「権限情報」を要求される場合も、インストールを中断してアプリの情報を確認するよう呼びかけている。
《吉澤 亨史( Kouji Yoshizawa )》

関連記事

Scan PREMIUM 会員限定記事

もっと見る

Scan PREMIUM 会員限定記事特集をもっと見る

カテゴリ別新着記事

★★Scan PREMIUM 会員限定コンテンツにフルアクセスが可能となります★★
<b>★★Scan PREMIUM 会員限定コンテンツにフルアクセスが可能となります★★</b>

経営課題としてサイバーセキュリティに取り組む情報システム部門や、研究・開発・経営企画に携わる方へ向けた、創刊19年のセキュリティ情報サービス Scan PREMIUM を、貴社の事業リスク低減のためにご活用ください。

×