“日常生活のトラブル”をネタにして偽の行政相談サイトに誘導(アンラボ) | ScanNetSecurity[国内最大級のサイバーセキュリティ専門ポータルサイト]
2018.10.23(火)

“日常生活のトラブル”をネタにして偽の行政相談サイトに誘導(アンラボ)

アンラボは、「生活密着型スミッシング」が発見されたとして、ユーザに対し注意喚起を発表した。

脆弱性と脅威 脅威動向
株式会社アンラボは11月17日、「生活密着型スミッシング」が発見されたとして、ユーザに対し注意喚起を発表した。「生活密着型スミッシング」とは、“廃棄物処理法違反”や“近隣住民との騒音トラブル”など、実際に日常生活で発生しうるトラブルに関するメッセージを使用したスミッシングのこと。最近はスマートフォンユーザの既存のスミッシングメッセージに対する警戒心が強くなったため、攻撃者が社会的に関心の高い新しいテーマに目を向けたものとしている。

今回発見された生活密着型スミッシングはSMSを私用しており、メッセージに含まれたURLを実行すると、行政相談受付サイトを詐称した偽サイトに接続される。この偽サイトは非常に完成度が高く、本物の行政相談受付アプリと見分けがつかない。攻撃者は、ユーザが偽サイトで個人情報を入力するように誘導することで個人情報の搾取を試みる。また、SMSおよびアドレス帳の流出、電話の送受信の監視、金銭被害を誘発する悪性アプリを追加でインストールするなど、さまざまな悪性行為を試みるため、注意が必要としている。
《吉澤 亨史( Kouji Yoshizawa )》

関連記事

Scan PREMIUM 会員限定記事

もっと見る

Scan PREMIUM 会員限定記事特集をもっと見る

カテゴリ別新着記事

(。・ω・)ゞ !!ScanNetSecurity創刊20周年特別キャンペーン実施中。会員限定 PREMIUM 記事読み放題。早割10月末迄。現在通常料金半額以下!!
<b>(。・ω・)ゞ !!ScanNetSecurity創刊20周年特別キャンペーン実施中。会員限定 PREMIUM 記事読み放題。早割<font color=10月末迄。現在通常料金半額以下!!">

サイバーセキュリティの専門誌 ScanNetSecurity は 1998年の創刊から20周年を迎え、感謝を込めた特別キャンペーンを実施中。創刊以来史上最大割引率。次は30周年が来るまでこの価格はもうありません

×