スマホを狙うマルウェア、「PUA」「トロイの木馬」で全体の95%を占める(アンラボ) | ScanNetSecurity[国内最大級のサイバーセキュリティ専門ポータルサイト]
2018.01.18(木)

スマホを狙うマルウェア、「PUA」「トロイの木馬」で全体の95%を占める(アンラボ)

脆弱性と脅威 脅威動向

株式会社アンラボは11月13日、韓国アンラボ社による「2014年1月~9月のスマートフォンマルウェアの動向」を発表した。発表によると、同期間に発見されたAndroidスマートフォン向けマルウェア件数は、2012年同期対比で10.4倍増加した(2014年1月~9月:107万9,551個 / 2012年1月~9月:11万2,902個)。この数値は、2013年の同期(92万2,707個)と比較しても約17%の増加となっている。

内訳では、「PUA(Potentially Unwanted Application:有害な可能性のあるアプリ)」が49.9%(約53万個)で最も多く、ユーザのスマートフォンに隠れて情報流出や不正課金などの悪性行為をする「トロイの木馬」が45.5%(約48万個)が続き、「PUA」と「トロイの木馬」が全体の95.4%を占めた。そのほか、ユーザ情報を収集する「スパイウェア」や、今後悪意のある目的で利用される可能性がある「AppCare」、ほかのマルウェアを追加でインストールする「Downloader」などが続いている。
《吉澤 亨史》

関連記事

Scan PREMIUM 会員限定記事

もっと見る

Scan PREMIUM 会員限定記事特集をもっと見る

カテゴリ別新着記事

★★Scan PREMIUM 会員限定コンテンツにフルアクセスが可能となります★★
<b>★★Scan PREMIUM 会員限定コンテンツにフルアクセスが可能となります★★</b>

経営課題としてサイバーセキュリティに取り組む情報システム部門や、研究・開発・経営企画に携わる方へ向けた、創刊19年のセキュリティ情報サービス Scan PREMIUM を、貴社の事業リスク低減のためにご活用ください。

×