アプリそのものに脆弱性がなくても、テーマに脆弱性が潜むケースを指摘(エフセキュアブログ) | ScanNetSecurity[国内最大級のサイバーセキュリティ専門ポータルサイト]
2018.02.19(月)

アプリそのものに脆弱性がなくても、テーマに脆弱性が潜むケースを指摘(エフセキュアブログ)

脆弱性と脅威 脅威動向

エフセキュア株式会社は10月3日、「WordPress」のPremium ThemeにおけるXSS(クロスサイトスクリプティング)の脆弱性についてブログで紹介している。これは同社のフィンランド本社が、Webサイトをセキュアに保つ必要性について、まじめな指摘を行うビデオの例として挙げているもの。WordPress自体は、セキュリティに関しては非常に良い仕事をしている。

しかし残念ながら、WordPressサイトを運営している人々が、みな同様だとは言えないとしている。多くのWebサイト管理者がWordPressのインストールを期限切れのままにしており、その結果、障害の起きたWordPressサイトが数多くオンラインに存在する。また、製品セキュリティのプロで侵入テスターであるJanne Ahlberg氏は、ParallelusによるいくつかのWordPressテーマがXSS脆弱性の影響を受けることを発見した。ただし、現在この脆弱性は修正されている。
《吉澤 亨史》

関連記事

Scan PREMIUM 会員限定記事

もっと見る

Scan PREMIUM 会員限定記事特集をもっと見る

カテゴリ別新着記事

★★Scan PREMIUM 会員限定コンテンツにフルアクセスが可能となります★★
<b>★★Scan PREMIUM 会員限定コンテンツにフルアクセスが可能となります★★</b>

経営課題としてサイバーセキュリティに取り組む情報システム部門や、研究・開発・経営企画に携わる方へ向けた、創刊19年のセキュリティ情報サービス Scan PREMIUM を、貴社の事業リスク低減のためにご活用ください。

×