中古PCに複製したWindows XPやOfficeをインストールし販売、逮捕(BSA) | ScanNetSecurity[国内最大級のサイバーセキュリティ専門ポータルサイト]
2018.02.24(土)

中古PCに複製したWindows XPやOfficeをインストールし販売、逮捕(BSA)

インシデント・事故 インシデント・情報漏えい

ビジネス ソフトウェア アライアンス(BSA)は10月2日、大阪府警察本部生活経済課と阿倍野警察署が9月30日、権利者に無断でコンピュータソフトウェアを複製した中古PCを販売していた大阪市阿倍野区内の中古PCショップ店長の男性(29歳)を含む4名を、著作権法違反(頒布目的所持)の疑いで逮捕したと発表した。逮捕につながった端緒は、BSAがソフトウェアの不正コピー撲滅のため設けている情報提供窓口に提供された情報であった。

男性らは9月中旬、BSAメンバー企業であるマイクロソフトコーポレーションが著作権を有する「Microsoft Windows XP」や「Microsoft Office 2003(日本語版)」を、権利者に無断で複製(インストール)した中古PCを店頭販売した疑いが持たれている。また、男性らが勤務するPCショップはこれら不正インストール済みPCを店頭やインターネットを通じて販売していたと見られている。
《吉澤 亨史》

関連記事

Scan PREMIUM 会員限定記事

もっと見る

Scan PREMIUM 会員限定記事特集をもっと見る

カテゴリ別新着記事

★★Scan PREMIUM 会員限定コンテンツにフルアクセスが可能となります★★
<b>★★Scan PREMIUM 会員限定コンテンツにフルアクセスが可能となります★★</b>

経営課題としてサイバーセキュリティに取り組む情報システム部門や、研究・開発・経営企画に携わる方へ向けた、創刊19年のセキュリティ情報サービス Scan PREMIUM を、貴社の事業リスク低減のためにご活用ください。

×