コスト改革など3つのコンセプトでBYOD導入を支援する「推進室」を設置(NTT Com) | ScanNetSecurity[国内最大級のサイバーセキュリティ専門ポータルサイト]
2018.04.27(金)

コスト改革など3つのコンセプトでBYOD導入を支援する「推進室」を設置(NTT Com)

製品・サービス・業界動向 新製品・新サービス

エヌ・ティ・ティ・コミュニケーションズ株式会社(NTT Com)は10月1日、「BYODソリューション推進室」を新設したと発表した。これは、私有スマートフォンやタブレットなどの業務利用を実現するBYODソリューションの事業展開の強化を目的としたもの。3つのコンセプトに基づきサービスの提供および開発を推進し、顧客のBYODに対するトータルニーズに応えていく。

3つのコンセプトとは、「コスト改革」「企業における『働き方改革』の推進」「BYOD導入に対する不安の解消」。さらに、オフィス内において音声・データ統合サービス(「Arcstar IP Voice over Universal One」や「Arcstar UCaaS」など)を利用することで、BYODで利用している従業員の私有端末とオフィスの電話との間の通話料無料化などのさらなるコスト削減が可能になるとしている。
《吉澤 亨史》

関連記事

Scan PREMIUM 会員限定記事

もっと見る

Scan PREMIUM 会員限定記事特集をもっと見る

カテゴリ別新着記事

★★Scan PREMIUM 会員限定コンテンツにフルアクセスが可能となります★★
<b>★★Scan PREMIUM 会員限定コンテンツにフルアクセスが可能となります★★</b>

経営課題としてサイバーセキュリティに取り組む情報システム部門や、研究・開発・経営企画に携わる方へ向けた、創刊19年のセキュリティ情報サービス Scan PREMIUM を、貴社の事業リスク低減のためにご活用ください。

×