ZeroAccessボットネットの感染状況、日本は世界第二位に(エフセキュアブログ) | ScanNetSecurity
2020.10.20(火)

ZeroAccessボットネットの感染状況、日本は世界第二位に(エフセキュアブログ)

サイバーディフェンス研究所の福森大喜氏は、ゲストブロガーとして参加するエフセキュアブログで日本におけるZeroAccessボットネットの感染状況についてブログで紹介している。

脆弱性と脅威 脅威動向
サイバーディフェンス研究所の福森大喜氏は、ゲストブロガーとして参加するエフセキュアブログで9月24日、日本におけるZeroAccessボットネットの感染状況についてブログで紹介している。マイクロソフトが2007年に発表した「インテリジェンス レポート 第4版」では、世界で唯一日本だけが緑色になっており、世界で最も安全な国であると報告されていました。しかし、2012年の今は状況がかなり悪化しているとしている。

ブログでは、全139,447台の情報をもとに国別トップテンを算出している。順位と件数は以下の通り。

1位:アメリカ(47,880)
2位:日本(10,110)
3位:カナダ(7,112)
4位:インド(6,774)
5位:ルーマニア(5,628)
6位:ブラジル(4,911)
7位:イタリア(4,587)
8位:アルゼンチン(3,511)
9位:ドイツ(2,813)
10位:ベネズエラ(2,498)
《吉澤 亨史( Kouji Yoshizawa )》

関連記事

Scan PREMIUM 会員限定記事

もっと見る

Scan PREMIUM 会員限定記事特集をもっと見る

カテゴリ別新着記事

★★10/15~11/30迄 創刊22周年記念価格提供中★★
★★10/15~11/30迄 創刊22周年記念価格提供中★★

2020年10月15日(木)~11月30日(月) の間 ScanNetSecurity 創刊22周年記念価格で提供。

×