一斉点検で合計2,095名の顧客情報を記載した帳簿が紛失、誤廃棄の可能性(豊和銀行) | ScanNetSecurity[国内最大級のサイバーセキュリティ専門ポータルサイト]
2018.12.17(月)

一斉点検で合計2,095名の顧客情報を記載した帳簿が紛失、誤廃棄の可能性(豊和銀行)

豊和銀行は、顧客の個人情報が記載された帳票などを紛失(誤廃棄)していることが判明したと発表した。

インシデント・事故 インシデント・情報漏えい
株式会社豊和銀行は8月31日、顧客の個人情報が記載された帳票などを紛失(誤廃棄)していることが判明したと発表した。これは、同行の全店が自主的に実施した顧客情報の管理台帳の一斉点検作業により判明したもの。紛失した管理台帳には4店舗、合計2,095名の顧客情報が記録されていた。内容は帳票によって異なるが、氏名や住所、口座番号などが含まれていた。同行では誤廃棄の可能性が高く、その方法から外部へ流出する懸念は極めて低いとしている。
《吉澤 亨史( Kouji Yoshizawa )》

関連記事

Scan PREMIUM 会員限定記事

もっと見る

Scan PREMIUM 会員限定記事特集をもっと見る

カテゴリ別新着記事

★★Scan PREMIUM 会員限定コンテンツにフルアクセスが可能となります★★
<b>★★Scan PREMIUM 会員限定コンテンツにフルアクセスが可能となります★★</b>

経営課題としてサイバーセキュリティに取り組む情報システム部門や、研究・開発・経営企画に携わる方へ向けた、創刊20年のセキュリティ情報サービス Scan PREMIUM を、貴社の事業リスク低減のためにご活用ください。

×