病院の元職員、在職時に取得した患者の個人情報を記録したUSBメモリを紛失(江南厚生病院) | ScanNetSecurity
2021.12.05(日)

病院の元職員、在職時に取得した患者の個人情報を記録したUSBメモリを紛失(江南厚生病院)

江南厚生病院は、同院の元職員が患者の個人情報を記録したUSBメモリを紛失したことが明らかになったと発表した。

インシデント・事故 インシデント・情報漏えい
愛知県厚生農業協同組合連合会 江南厚生病院は8月13日、同院の元職員が患者の個人情報を記録したUSBメモリを紛失したことが明らかになったと発表した。この元職員は同院に2011年6月まで勤務していたが、在職中に同院の患者の個人情報をUSBメモリに記録し所持していた。2012年8月3日に勤務先の勉強会の終了後、帰りのタクシーの中で同USBメモリを紛失したという。

元職員は8月4日、管轄の警察署に届けるとともに勉強会会場、自宅周辺を捜索、タクシー会社へ捜索を依頼したが、現時点では発見に至っていない。紛失したUSBメモリには、31件(死亡された方22件を含む)の患者の氏名、年齢、ID番号、原発・転移部位、治療開始年月日、検査結果、合併症、副作用が記録されていた。
《吉澤 亨史( Kouji Yoshizawa )》

関連記事

Scan PREMIUM 会員限定記事

もっと見る

Scan PREMIUM 会員限定記事特集をもっと見る

カテゴリ別新着記事

「経理」「営業」「企画」「プログラミング」「デザイン」と並ぶ、事業で成功するためのビジネスセンスが「セキュリティ」
「経理」「営業」「企画」「プログラミング」「デザイン」と並ぶ、事業で成功するためのビジネスセンスが「セキュリティ」

ページ右上「ユーザー登録」から会員登録すれば会員限定記事を閲覧できます。毎週月曜の朝、先週一週間のセキュリティ動向を総括しふりかえるメルマガをお届け。(写真:ScanNetSecurity 名誉編集長 りく)

×