「LINE」利用に関する調査を実施、非公認サービスの利用経験者は7.4%(ネオマーケティング) | ScanNetSecurity[国内最大級のサイバーセキュリティ専門ポータルサイト]
2017.12.18(月)

「LINE」利用に関する調査を実施、非公認サービスの利用経験者は7.4%(ネオマーケティング)

調査・レポート・白書 調査・ホワイトペーパー

 ネオマーケティングは27日、無料通話・無料メールアプリ「LINE(ライン)」利用に関する調査を実施した。調査期間は8月7日~9日の3日間で、全国の20歳以上の男女500名から回答を得た。なおLINEユーザーは7月26日時点で、世界5,000万人を突破している。

 前提として「LINE」の認知と使用の有無を尋ねた質問では、中年層以上の年代の多数が、「LINEを知らない」という回答になり、世代間格差が大きい現状が明らかとなった。今回の調査は「LINE」利用経験者のみの回答となっている。

 まず「LINE」を使っている人に対して、その使用頻度を確認したところ、「たまに使うことがある」54%、「毎日のように使っている(電話やメール並みに)」30%、「最も使っている通信手段である」16%という結果となった。半数近い46%が、電話やメール並み、もしくは、それ以上に使う通信手段になりつつあることが見て取れる。

 「LINE」で使用する端末とOSを聞いたところ、1位「Mobile / Android」48.4%、2位「Mobile / iPhone」36.2%、3位「PC / Windows」18%という結果で、スマートフォンを使用する割合が8割以上だった。また日常的に「LINE」でコミュニケーションを取る人数を聞いたところ、1位「1人~3人」42.6%、2位「4人~6人」30.2%、3位「7人~10人」15.2%という結果になった。「LINE」のよく使う機能を聞いたところ、1位「トーク」69.6%、2位「無料通話」62.8%、3位「スタンプ(無料)」39%となり、やはりトーク(チャット)と通話がとくに高かった。

 「LINE公式アカウント」(便利ツール)については、過半数の53.8%が「使っていない」という回答だったが、1位「LINEお天気」31.8%、2位「LINEニュース」31.4%、3位「LINE占い」10.8%などの定番サービスが人気だった。

 そして、LINEの“友だち募集”などを目的とした「LINE非公認サービス」だが、運営側では、面識のない異性との出会いや交際を目的とする利用方法は禁止しており、非公認サービスへの注意を呼び掛けている。そこで「LINE非公認サービス」を利用したことがあるか聞いたところ、「利用したことがある」は7.4%となりやはり低めの結果になった。「LINE非公認サービス」を利用する目的を聞いたところ、1位「LINE友達を探すため」67.6%、2位「趣味の友達を探すため」64.9%、3位「ご飯友達・飲み友達を探すため」21.6%で、“異性と出会う”目的の割合は低かったが、「LINE非公認サービス」を利用して、実際に異性と出会ったことがあるか聞いたところ、「異性と出会ったことがある」32.4%・「異性と出会ったことはない」67.6%と、実態と異なる結果になっている。また、「LINE非公認サービス」で、トラブルやスパムなど、何か困ったことがなかったか、聞いたところ、「困ったことがある」29.7%、「困ったことはない」70.3%となり、約3割がトラブルに巻き込まれていることが明らかとなった。すでに「LINE非公認サービス」の中には、悪質出会い系と言われるサクラサイトや高額請求をする詐欺サイトなどがあるとのこと。具体的な例では、「ストーカー被害」「迷惑メールが増えた」などもあげられている。

LINE「非公認サービス」、トラブルや困った経験にあった人は3割近くも

《冨岡晶@RBB TODAY》

関連記事

Scan PREMIUM 会員限定記事

もっと見る

Scan PREMIUM 会員限定記事特集をもっと見る

Scan BASIC 会員限定記事

もっと見る

Scan BASIC 会員限定記事特集をもっと見る

[Web小説] サイバー探偵 工藤伸治の事件簿サーガ (シーズン 1~6 第1話)

もっと見る

[Web小説] サイバー探偵 工藤伸治の事件簿サーガ (シーズン 1~6 第1話)特集をもっと見る

カテゴリ別新着記事

調査・レポート・白書 カテゴリの人気記事 MONTHLY ランキング

  1. 「情報漏えいを起こした企業とは取引しない」反面、自身の意識は低い(ジェムアルト)

    「情報漏えいを起こした企業とは取引しない」反面、自身の意識は低い(ジェムアルト)

  2. 2016年の個人情報漏えい調査、件数の減少は小規模漏えいの非公表化か(JNSA)

    2016年の個人情報漏えい調査、件数の減少は小規模漏えいの非公表化か(JNSA)

  3. 最多脆弱性ブラウザはChrome、最もパッチが適用されていないブラウザは(フレクセラ)

    最多脆弱性ブラウザはChrome、最もパッチが適用されていないブラウザは(フレクセラ)

  4. ネットワークセキュリティ市場は堅調に拡大、不正アクセス監視やSSOに注目(富士キメラ総研)

  5. 公共の場所の監視カメラ調達などに活用、ネットワークカメラのセキュリティ対策基準公開(IPA)

  6. 総務省自治体強靱化でインターネット分離市場大幅増、2020年にはさらに倍増予測(ITR)

  7. サプライチェーン攻撃、ハイエンドモバイルマルウェア、破壊型攻撃--2018年予測(カスペルスキー)

  8. 2016年の個人情報漏えい、「紛失・置き忘れ」原因が大きく後退(JNSA)

  9. IoT機器まで対象を拡大するマイニングツール--四半期レポート(トレンドマイクロ)

  10. ランサムウェアの被害件数は前年から約3.5倍、検出台数は約9.8倍に(トレンドマイクロ)

全カテゴリランキング

特集

★★Scan PREMIUM 会員限定コンテンツにフルアクセスが可能となります★★
<b>★★Scan PREMIUM 会員限定コンテンツにフルアクセスが可能となります★★</b>

経営課題としてサイバーセキュリティに取り組む情報システム部門や、研究・開発・経営企画に携わる方へ向けた、創刊19年のセキュリティ情報サービス Scan PREMIUM を、貴社の事業リスク低減のためにご活用ください。

×