秋田市上下水道局で口座情報を含む個人情報が漏えい(秋田銀行) | ScanNetSecurity[国内最大級のサイバーセキュリティ専門ポータルサイト]
2018.02.26(月)

秋田市上下水道局で口座情報を含む個人情報が漏えい(秋田銀行)

インシデント・事故 インシデント・情報漏えい

株式会社秋田銀行は8月23日、秋田市上下水道局において水道関連の個人情報の流出が発生したと発表した。秋田市によると、流出した情報には使用者名(氏名・会社名など)、住所、勤務先、電話番号、メーター番号、検満情報(メーター検定満了日)などのほか、水道料金の口座振替を利用している顧客の口座番号および支店コードも含まれているとしている。

同行によると、使用者名(氏名・会社名など)、住所、勤務先、電話番号、口座番号および支店コードの情報のみによって、顧客の口座から不正に預金が引き出される恐れはないとしてる。しかし万一、身に覚えのない振込などの取引が確認された場合はお客様サービスセンターまで連するよう呼びかけている。なお、該当者には秋田市上下水道局より、情報流出について状況の説明とお詫びの文書が送付されるという。
《吉澤 亨史》

関連記事

Scan PREMIUM 会員限定記事

もっと見る

Scan PREMIUM 会員限定記事特集をもっと見る

カテゴリ別新着記事

★★Scan PREMIUM 会員限定コンテンツにフルアクセスが可能となります★★
<b>★★Scan PREMIUM 会員限定コンテンツにフルアクセスが可能となります★★</b>

経営課題としてサイバーセキュリティに取り組む情報システム部門や、研究・開発・経営企画に携わる方へ向けた、創刊19年のセキュリティ情報サービス Scan PREMIUM を、貴社の事業リスク低減のためにご活用ください。

×