技術者向け「アイデンティティ管理技術解説」ドラフト版を公開(IPA) | ScanNetSecurity[国内最大級のサイバーセキュリティ専門ポータルサイト]
2018.11.18(日)

技術者向け「アイデンティティ管理技術解説」ドラフト版を公開(IPA)

IPA技術本部 セキュリティセンターは、「アイデンティティ管理技術解説」を2012年度末までに出版すると発表、ドラフト版を公開した。

調査・レポート・白書 調査・ホワイトペーパー
独立行政法人 情報処理推進機構(IPA)技術本部 セキュリティセンターは8月9日、「アイデンティティ管理技術解説」を2012年度末までに出版すると発表、ドラフト版を公開した。本書は、アイデンティティ管理技術について情報処理技術者向けに全体観をもって体系的に分かりやすく解説するもの。システムアーキテクト(情報システム)を志す人を読者に想定している。

本書では、アイデンティティ管理技術について基礎概念と基礎理論について解説し、それらをふまえた上で組織内のアイデンティティ管理技術とインターネット上のアイデンティティ管理技術について解説している。そして、インターネット上でのエンティティ認証と属性情報交換、さらに属性情報に基づくアクセス認可を実現するための標準仕様として、「SAML 2.0」「OpenID 2.0」「XACML 2.0」「OAuth 2.0」などについて解説する。なお、出版に向けて、いくつかの論点を加筆する予定としている。
《吉澤 亨史( Kouji Yoshizawa )》

関連記事

Scan PREMIUM 会員限定記事

もっと見る

Scan PREMIUM 会員限定記事特集をもっと見る

カテゴリ別新着記事

(。・ω・)ゞ !!11月末迄 ScanNetSecurity創刊20周年特別キャンペーン実施中。会員限定 PREMIUM 記事読み放題。現在通常料金半額以下!!
(。・ω・)ゞ !!11月末迄 ScanNetSecurity創刊20周年特別キャンペーン実施中。会員限定 PREMIUM 記事読み放題。現在通常料金半額以下!!

サイバーセキュリティの専門誌 ScanNetSecurity は 1998年の創刊から20周年を迎え、感謝を込めた特別キャンペーンを実施中。創刊以来史上最大割引率。次は30周年が来るまでこの価格はもうありません!

×