IDSおよびIPSサービスを拡張、IPv6環境に完全対応(NTTデータ先端技術) | ScanNetSecurity
2020.10.22(木)

IDSおよびIPSサービスを拡張、IPv6環境に完全対応(NTTデータ先端技術)

NTTデータ先端技術は、不正アクセス監視サービスおよび不正アクセス遮断サービスを拡張、IPv6機器に対応した。

製品・サービス・業界動向 新製品・新サービス
NTTデータ先端技術株式会社は8月1日、不正アクセス監視サービスおよび不正アクセス遮断サービスを拡張、IPv6機器に対応したと発表した。これはIPv6環境の本格的な普及を見据え、IPv4アドレスが割り振られた機器だけではなく、IPv6アドレスが割り振られた機器に対してもサービスを可能にしたというもの。これにより、「IPv4/IPv6デュアルスタック環境のシステム」「IPv6/IPv4トランスレータを介したIPv6システム」「IPv6のみで構築されたシステム」などにおいても従来と同じ品質でサービスを利用できるようになる。

対応したサービスは、不正アクセス対策をアウトソーシングすることで、24時間365日セキュリティリスクを低減できる「不正アクセス監視サービス(IDS)」および、顧客固有のシステム環境にあわせてIPSのポリシーをカスタマイズ・運用し、ワーム等の攻撃を遮断・検知する「不正アクセス遮断サービス(IPS)」。
《吉澤 亨史( Kouji Yoshizawa )》

関連記事

Scan PREMIUM 会員限定記事

もっと見る

Scan PREMIUM 会員限定記事特集をもっと見る

カテゴリ別新着記事

★★10/15~11/30迄 創刊22周年記念価格提供中★★
★★10/15~11/30迄 創刊22周年記念価格提供中★★

2020年10月15日(木)~11月30日(月) の間 ScanNetSecurity 創刊22周年記念価格で提供。

×