世界のスマートフォン普及台数、2011年時点で8億7,200万加入で人口普及率12%(シード・プランニング) | ScanNetSecurity[国内最大級のサイバーセキュリティ専門ポータルサイト]
2018.09.22(土)

世界のスマートフォン普及台数、2011年時点で8億7,200万加入で人口普及率12%(シード・プランニング)

 シード・プランニングは26日、世界のスマートフォンに関する市場規模に関する調査結果を発表した。

調査・レポート・白書 調査・ホワイトペーパー
 シード・プランニングは26日、世界のスマートフォンに関する市場規模に関する調査結果を発表した。

 調査期間は2012年4月~7月で、海外メーカー9社、国内メーカー6社のスマートフォン事業動向、メーカーシェア等の分析をもとに、主要国・地域別の普及動向をまとめたものとなっている。

 まず、2011年の世界のスマートフォン普及台数は、8億7,200万加入で人口普及率12%と算出された。スマートフォンのグローバル市場は急速に伸びており、2016年末には、37億4,600万加入、人口普及率49%と予測された。また、2016年単年度の販売台数だけで、12億台に達する予想となっている。

 スマートフォンの地域別人口普及率(2016年予測)は、北米96%、欧州64%、中南米50%、アジア・太平洋46%、中近東・アフリカ38%の予想となっている。先進国では、アメリカが人口普及率100%に達し、英国では92%、ドイツ、フランスが78%、日本でも70%を超えると予想された。

 なお世界の携帯電話加入数は、2011年の60億1,100万加入から2016年には78億6,300加入となり、その48%がスマートフォン加入者になる見込みだ。

世界のスマートフォン普及台数、2016年末には2人に1人がスマホに……シードP調べ

《冨岡晶@RBB TODAY》

関連記事

Scan PREMIUM 会員限定記事

もっと見る

Scan PREMIUM 会員限定記事特集をもっと見る

カテゴリ別新着記事

★★Scan PREMIUM 会員限定コンテンツにフルアクセスが可能となります★★
<b>★★Scan PREMIUM 会員限定コンテンツにフルアクセスが可能となります★★</b>

経営課題としてサイバーセキュリティに取り組む情報システム部門や、研究・開発・経営企画に携わる方へ向けた、創刊19年のセキュリティ情報サービス Scan PREMIUM を、貴社の事業リスク低減のためにご活用ください。

×