ハッカー集団の不正アクセスにより40万件以上のパスワードが流出(米ヤフー) | ScanNetSecurity[国内最大級のサイバーセキュリティ専門ポータルサイト]
2018.06.21(木)

ハッカー集団の不正アクセスにより40万件以上のパスワードが流出(米ヤフー)

インシデント・事故 インシデント・情報漏えい

 米ヤフーのパスワード40万件以上が漏洩し、ハッカーによってネット上に公開された。複数の米メディアが報じ、ヤフーも事実であることを発表した。

 漏洩はハッカー集団の不正アクセスによるもので、11日に不正アクセスが行われ、およそ40万人分のユーザーネームやパスワードが盗み出された。ハッカー集団は盗みだしたパスワードをネットで公開すると共に、ヤフーのセキュリティに警鐘を鳴らすためと公言。「ヤフーのWebサーバーには多数の抜け穴があり、今までにそれが引き起こしてきたダメージは、我々による公開のダメージよりはるかに大きい」としている。

 米報道によれば、公開されたパスワードの中にはヤフーだけでなく、GmailやSkyDriveのものもあるという。しかし、Googleやマイクロソフトはこの件でなんの発表もしていない。

 また、公開されたパスワードから、多くのユーザーが安易なパスワードを使用している実態も明らかになったという。連続する数字のパスワードや「password」といったパスワードが多数見つかっている。

米ヤフーのパスワード40万件以上が漏洩、ハッカーが犯行声明

《山田 正昭@RBB TODAY》

関連記事

Scan PREMIUM 会員限定記事

もっと見る

Scan PREMIUM 会員限定記事特集をもっと見る

カテゴリ別新着記事

★★Scan PREMIUM 会員限定コンテンツにフルアクセスが可能となります★★
<b>★★Scan PREMIUM 会員限定コンテンツにフルアクセスが可能となります★★</b>

経営課題としてサイバーセキュリティに取り組む情報システム部門や、研究・開発・経営企画に携わる方へ向けた、創刊19年のセキュリティ情報サービス Scan PREMIUM を、貴社の事業リスク低減のためにご活用ください。

×