標的型メールの模擬攻撃サービス、教育後に再度送信し効果測定も(サイバーディフェンス研究所) | ScanNetSecurity[国内最大級のサイバーセキュリティ専門ポータルサイト]
2018.08.21(火)

標的型メールの模擬攻撃サービス、教育後に再度送信し効果測定も(サイバーディフェンス研究所)

製品・サービス・業界動向 新製品・新サービス

株式会社サイバーディフェンス研究所は7月12日、「標的型攻撃メール対応訓練サービス」を開始すると発表した。標的型攻撃メールは、特定の企業や組織、個人宛にメールを送りつけ添付ファイルの開封やURLのクリックへ誘導させ、トロイの木馬などのマルウェアに感染させたり、マルウェアを配置したWebサイトへ接続させるもの。本サービスは、標的型攻撃メールが送信された場合を想定した訓練を実施するもの。

サイバーディフェンス研究所から、指定されたメールアドレスに対して標的型メール攻撃を模したメールを送信し、メールに添付されていたファイルやリンクの開封状況を把握し、フィードバックする。要望に応じて、実際の標的型メール攻撃の仕組みや、攻撃者の意図通りに添付資料などを開封した場合に想定される被害、これら攻撃を見分ける力を養うためのセキュリティ教育を、レクチャーという形式で実施する。また、教育の実施後に再度、異なった文章や添付資料などによる模擬メール攻撃を実施、1回目との結果を比較、分析も行う。
《吉澤 亨史( Kouji Yoshizawa )》

関連記事

Scan PREMIUM 会員限定記事

もっと見る

Scan PREMIUM 会員限定記事特集をもっと見る

カテゴリ別新着記事

★★Scan PREMIUM 会員限定コンテンツにフルアクセスが可能となります★★
<b>★★Scan PREMIUM 会員限定コンテンツにフルアクセスが可能となります★★</b>

経営課題としてサイバーセキュリティに取り組む情報システム部門や、研究・開発・経営企画に携わる方へ向けた、創刊19年のセキュリティ情報サービス Scan PREMIUM を、貴社の事業リスク低減のためにご活用ください。

×