承認されていないデジタル証明書への対策を公開、Flameの攻撃も想定(日本マイクロソフト) | ScanNetSecurity[国内最大級のサイバーセキュリティ専門ポータルサイト]
2018.09.21(金)

承認されていないデジタル証明書への対策を公開、Flameの攻撃も想定(日本マイクロソフト)

日本マイクロソフトは、「マイクロソフト セキュリティ アドバイザリ(2718704)承認されていないデジタル証明書により、なりすましが行われる」を公開した。

脆弱性と脅威 セキュリティホール・脆弱性
日本マイクロソフト株式会社は6月4日、「マイクロソフト セキュリティ アドバイザリ(2718704)承認されていないデジタル証明書により、なりすましが行われる」を公開した。これは、マイクロソフト認証機関の承認されていないデジタル証明書を使用して現在攻撃が行われていることが確認されたための対応となる。

特に、複雑で洗練された標的型攻撃「Flame」に用いられるマルウェアに対応するためとしている。Flameの性質上、大多数のユーザは影響を受けないと予想されており、また大半のウイルス対策ソフトウェアでFlameの検知および除去が可能。しかし、このマルウェアに用いられている技術が他の攻撃者により、より広範に拡散する可能性を考慮し、公開に至ったという。
《吉澤 亨史( Kouji Yoshizawa )》

関連記事

Scan PREMIUM 会員限定記事

もっと見る

Scan PREMIUM 会員限定記事特集をもっと見る

カテゴリ別新着記事

★★Scan PREMIUM 会員限定コンテンツにフルアクセスが可能となります★★
<b>★★Scan PREMIUM 会員限定コンテンツにフルアクセスが可能となります★★</b>

経営課題としてサイバーセキュリティに取り組む情報システム部門や、研究・開発・経営企画に携わる方へ向けた、創刊19年のセキュリティ情報サービス Scan PREMIUM を、貴社の事業リスク低減のためにご活用ください。

×