MicrosoftがFlameの攻撃から「Windows Update」を強化〜ホットなマルウェアはいかにしてレドモンドに新たな穴を開けたか(The Register) | ScanNetSecurity[国内最大級のサイバーセキュリティ専門ポータルサイト]
2018.08.15(水)

MicrosoftがFlameの攻撃から「Windows Update」を強化〜ホットなマルウェアはいかにしてレドモンドに新たな穴を開けたか(The Register)

国際 TheRegister

研究者たちがFlameウイルスが、公式なMicrosoftソフトウェアに偽装したアップデートとして、自身を提供することで、PCを感染させることができると発見したことを受け、MicrosoftがWindows Updateシステムを「強化」した。

この高度なワームは、中東のコンピュータに侵入し、先月後半、セキュリティ専門家たちが明るみにするまで、長ければ2年間、拡散し続けた。現在では、同マルウェアが、MicrosoftのTerminal Services Licensingサーバで発見された親鍵のような証明書を使用して悪意あるコードに署名し、Windowsマシンをだましてその実行ファイルをインストールさせようとすることが分かっている…

※本記事は有料版に全文を掲載します

© The Register.


(翻訳:中野恵美子
略歴:翻訳者・ライター
《ScanNetSecurity》

関連記事

Scan PREMIUM 会員限定記事

もっと見る

Scan PREMIUM 会員限定記事特集をもっと見る

カテゴリ別新着記事

★★Scan PREMIUM 会員限定コンテンツにフルアクセスが可能となります★★
<b>★★Scan PREMIUM 会員限定コンテンツにフルアクセスが可能となります★★</b>

経営課題としてサイバーセキュリティに取り組む情報システム部門や、研究・開発・経営企画に携わる方へ向けた、創刊19年のセキュリティ情報サービス Scan PREMIUM を、貴社の事業リスク低減のためにご活用ください。

×