MicrosoftがFlameの攻撃から「Windows Update」を強化〜ホットなマルウェアはいかにしてレドモンドに新たな穴を開けたか(The Register) | ScanNetSecurity
2022.06.27(月)

MicrosoftがFlameの攻撃から「Windows Update」を強化〜ホットなマルウェアはいかにしてレドモンドに新たな穴を開けたか(The Register)

Windows Updateは、未許可の証明書が中間者攻撃と結びついた場合にのみだまされる。この問題に対処するため、我々はWindows Updateのインフラを強化し、新たなプロテクションを確実に利用できるための手段も講じている。」

国際 TheRegister
研究者たちがFlameウイルスが、公式なMicrosoftソフトウェアに偽装したアップデートとして、自身を提供することで、PCを感染させることができると発見したことを受け、MicrosoftがWindows Updateシステムを「強化」した。

この高度なワームは、中東のコンピュータに侵入し、先月後半、セキュリティ専門家たちが明るみにするまで、長ければ2年間、拡散し続けた。現在では、同マルウェアが、MicrosoftのTerminal Services Licensingサーバで発見された親鍵のような証明書を使用して悪意あるコードに署名し、Windowsマシンをだましてその実行ファイルをインストールさせようとすることが分かっている…

※本記事は有料版に全文を掲載します

© The Register.


(翻訳:中野恵美子
略歴:翻訳者・ライター
《ScanNetSecurity》

関連記事

Scan PREMIUM 会員限定記事

もっと見る

Scan PREMIUM 会員限定記事特集をもっと見る

カテゴリ別新着記事

「経理」「営業」「企画」「プログラミング」「デザイン」と並ぶ、事業で成功するためのビジネスセンスが「セキュリティ」
「経理」「営業」「企画」「プログラミング」「デザイン」と並ぶ、事業で成功するためのビジネスセンスが「セキュリティ」

ページ右上「ユーザー登録」から会員登録すれば会員限定記事を閲覧できます。毎週月曜の朝、先週一週間のセキュリティ動向を総括しふりかえるメルマガをお届け。(写真:ScanNetSecurity 名誉編集長 りく)

×