Flameはイランの核兵器へのStuxnet攻撃に先行していたと米国の諜報員が語る〜サイバー兵器を拡散させたとイスラエルを非難(The Register) | ScanNetSecurity
2019.11.15(金)

Flameはイランの核兵器へのStuxnet攻撃に先行していたと米国の諜報員が語る〜サイバー兵器を拡散させたとイスラエルを非難(The Register)

Stuxnet開発の主要な機関には、CIAの情報作戦センター、NSAおよびUnit 8200として知られているイスラエル国防軍の諜報部隊が含まれる。

国際 TheRegister
Flameは、Stuxnetを生み出したのと同じ秘密工作の一部として、イランのコンピュータ・ネットワーク上で情報を収集するため、米国とイスラエルにより作成された。

匿名の米国当局者たちがWashington Postに語ったところによれば、FlameはOlympic Gamesというコードネームの機密プログラムの一部として作成されたという。Flameは、イランのネットワークのマッピング手段として設計された。クローズドなコンピュータ・ネットワークをマッピングする調査活動の一環として、Stuxnetにより実行されたウラン核濃縮施設のシステムに対する妨害活動の前哨戦として用いられたのだ…

※本記事は有料版に全文を掲載します

© The Register.


(翻訳:中野恵美子
略歴:翻訳者・ライター
《ScanNetSecurity》

関連記事

Scan PREMIUM 会員限定記事

もっと見る

Scan PREMIUM 会員限定記事特集をもっと見る

カテゴリ別新着記事

★★10/8~11/30迄 創刊21周年記念価格提供中★★
★★10/8~11/30迄 創刊21周年記念価格提供中★★

2019年10月8日(火)~11月30日(土) の間 ScanNetSecurity 創刊21周年記念価格で提供。

×