中東全域で発見された複雑なサイバー戦争ツール「Flame」〜Stuxnetの20倍の大きさで2年前に登場…そして現在もアクティブ(The Register) | ScanNetSecurity
2022.01.28(金)

中東全域で発見された複雑なサイバー戦争ツール「Flame」〜Stuxnetの20倍の大きさで2年前に登場…そして現在もアクティブ(The Register)

2年にわたりコンピュータに対して出回っていた、イランやイスラエルなどの国を標的とする新たなスーパー・サイバー兵器が、研究者によって発見された。

国際 TheRegister
2年にわたりコンピュータに対して出回っていた、イランやイスラエルなどの国を標的とする新たなスーパー・サイバー兵器が、研究者によって発見された。

国際電気通信連合(ITU)およびKaspersky Labにより、非常に高度なマルウェア「Flame」が明るみに出たが、これはKaspersky Labがこれまでに見たすべてのサイバー脅威の中で、最も複雑かつ機能的であるという。

Flameが非常に複雑であること、そして攻撃の対象地域から、Kaspersky Labのグローバル調査分析チームの長Alexander Gostevは、「間違いなく」国家が支援するワームであると語った…

※本記事は有料版に全文を掲載します

© The Register.


(翻訳:中野恵美子
略歴:翻訳者・ライター
《ScanNetSecurity》

関連記事

Scan PREMIUM 会員限定記事

もっと見る

Scan PREMIUM 会員限定記事特集をもっと見る

カテゴリ別新着記事

「経理」「営業」「企画」「プログラミング」「デザイン」と並ぶ、事業で成功するためのビジネスセンスが「セキュリティ」
「経理」「営業」「企画」「プログラミング」「デザイン」と並ぶ、事業で成功するためのビジネスセンスが「セキュリティ」

ページ右上「ユーザー登録」から会員登録すれば会員限定記事を閲覧できます。毎週月曜の朝、先週一週間のセキュリティ動向を総括しふりかえるメルマガをお届け。(写真:ScanNetSecurity 名誉編集長 りく)

×