「Flame」に関する一問一答を公開、民族国家が軍需産業に依頼して作成か(エフセキュア) | ScanNetSecurity
2021.06.15(火)

「Flame」に関する一問一答を公開、民族国家が軍需産業に依頼して作成か(エフセキュア)

エフセキュアは、諜報活動ツール「Flame」に関する一問一答の様子をブログで公開している。

脆弱性と脅威 脅威動向
エフセキュア株式会社は5月31日、諜報活動ツール「Flame」に関する一問一答の様子をブログで公開している。これによると、中東政府のシステム管理者でない限り、Flameの危険にはさらされていないとしている。Flameに感染していると見積もられるコンピュータの数は1,000台だが、世界には10億台以上のWindowsコンピュータが存在するため、感染の確率は宝くじ並みだという。

Flameにはワーム的な要素があるが、デフォルトで停止されておりワームのような拡散はしない。また、ソフトウェアコードの観点では古いものであり、ウイルス対策ソフトを最新の状態にしていれば防ぐことができる。ただし、Flameは限られた範囲に対して非常に慎重に使用された「限定版」スパイツールであり、進化する必要もない。そして収益を上げるために作られたものではなく、民族国家が軍需産業に依頼して作成された可能性があるとしている。
《吉澤 亨史( Kouji Yoshizawa )》

関連記事

Scan PREMIUM 会員限定記事

もっと見る

Scan PREMIUM 会員限定記事特集をもっと見る

カテゴリ別新着記事

「経理」「営業」「企画」「プログラミング」「デザイン」と並ぶ、事業で成功するためのビジネスセンスが「セキュリティ」
「経理」「営業」「企画」「プログラミング」「デザイン」と並ぶ、事業で成功するためのビジネスセンスが「セキュリティ」

ページ右上「ユーザー登録」から会員登録すれば会員限定記事を閲覧できます。毎週月曜の朝、先週一週間のセキュリティ動向を総括しふりかえるメルマガをお届け。(写真:ScanNetSecurity 名誉編集長 りく)

×