分析に数年を要する可能性のある超強力なFlameワーム〜しかしAngry Birdsと共通のスクリプト技術を使用(The Register) | ScanNetSecurity
2021.12.06(月)

分析に数年を要する可能性のある超強力なFlameワーム〜しかしAngry Birdsと共通のスクリプト技術を使用(The Register)

分析  今週、中東を中心に数多くのシステムで発見された非常に複雑なFlameマルウェアは、分析に数年とは言わないまでも、数ヶ月を要する可能性が高い。

国際 TheRegister
分析  今週、中東を中心に数多くのシステムで発見された非常に複雑なFlameマルウェアは、分析に数年とは言わないまでも、数ヶ月を要する可能性が高い。

最初の兆候では、同Flameは第一にイランとイスラエル(とは言えこれらの国に限らない)コンピュータに侵入する、サイバー諜報活動ツールキットであることが示唆されている。同ワームは少なくとも2年(そしておそらくはもっと長く)出回っていた可能性がある…

※本記事は有料版に全文を掲載します

© The Register.


(翻訳:中野恵美子
略歴:翻訳者・ライター
《ScanNetSecurity》

関連記事

Scan PREMIUM 会員限定記事

もっと見る

Scan PREMIUM 会員限定記事特集をもっと見る

カテゴリ別新着記事

「経理」「営業」「企画」「プログラミング」「デザイン」と並ぶ、事業で成功するためのビジネスセンスが「セキュリティ」
「経理」「営業」「企画」「プログラミング」「デザイン」と並ぶ、事業で成功するためのビジネスセンスが「セキュリティ」

ページ右上「ユーザー登録」から会員登録すれば会員限定記事を閲覧できます。毎週月曜の朝、先週一週間のセキュリティ動向を総括しふりかえるメルマガをお届け。(写真:ScanNetSecurity 名誉編集長 りく)

×