ロンドンオリンピックをテーマにした標的型攻撃を検出(エフセキュア) | ScanNetSecurity[国内最大級のサイバーセキュリティ専門ポータルサイト]
2018.09.26(水)

ロンドンオリンピックをテーマにした標的型攻撃を検出(エフセキュア)

エフセキュアは、オリンピックをテーマにした悪意あるPDFファイルを検出したとブログで公開している。

脆弱性と脅威 脅威動向
エフセキュア株式会社は5月28日、オリンピックをテーマにした悪意あるPDFファイルを検出したとブログで公開している。検出された同PDFファイルは、は「CVE-2010-2883」の脆弱性を悪用するもので、古いバージョンのAdobe ReaderとAcrobatに影響を及ぼす。この典型的なPDFエクスプロイトは、攻撃の一部としてクリーンな囮をローンチする。

このケースでは、2010年10月頃のロンドン2012オリンピックのスケジュールであった。オリジナルのPDFは、現在も以下のサイトでオンラインとなっている
london2012.com
また同エクスプロイトは、中国包头市の「student travel」で登録されたサイトにネットワーク接続しようとする。同社では、オリンピックなどのイベント関連のメールで添付ファイルやリンクを含むものに注意すること、Adobe Readerを最新版にしておくことを呼びかけている。
《吉澤 亨史( Kouji Yoshizawa )》

関連記事

Scan PREMIUM 会員限定記事

もっと見る

Scan PREMIUM 会員限定記事特集をもっと見る

カテゴリ別新着記事

★★Scan PREMIUM 会員限定コンテンツにフルアクセスが可能となります★★
<b>★★Scan PREMIUM 会員限定コンテンツにフルアクセスが可能となります★★</b>

経営課題としてサイバーセキュリティに取り組む情報システム部門や、研究・開発・経営企画に携わる方へ向けた、創刊19年のセキュリティ情報サービス Scan PREMIUM を、貴社の事業リスク低減のためにご活用ください。

×