スマートフォンユーザーの実態調査を発表、73%がセキュリティの不安(米ニールセン) | ScanNetSecurity
2021.10.29(金)

スマートフォンユーザーの実態調査を発表、73%がセキュリティの不安(米ニールセン)

 調査会社の米ニールセンは16日、米国のスマートフォンユーザーの実態調査の結果を発表した。全携帯電話のスマートフォンの割合は過半数を超えており、1人平均41本のアプリをインストールしているという。

調査・レポート・白書 調査・ホワイトペーパー
 調査会社の米ニールセンは16日、米国のスマートフォンユーザーの実態調査の結果を発表した。全携帯電話のスマートフォンの割合は過半数を超えており、1人平均41本のアプリをインストールしているという。

 調査結果によれば全携帯電話のスマートフォンの割合は2011年の調査では38%だったが、今年の調査では50.4%と過半数を超えた。Android、もしくはiOSのデバイスを所有している人の数は、2011年の3800万人から8400万人に増えているという。

 スマートフォンユーザーの利用実態では、デバイスにインストールしているアプリの数が2011年は32本、今年の調査では41本となった。過去30日間にアプリをダウンロードした人の割合は2011年賀74%、今年が88%となっている。ただし、アプリの利用に費やす1日の時間は2011年が37分、今年が39分と、あまり増えていなかった。

 セキュリティについては、スマートフォンユーザーの73%が不安を感じ、55%が位置情報などの個人データの共有について警戒している。

スマートフォンユーザーの平均アプリ数は41……米国でニールセンが調査

《山田 正昭@RBB TODAY》

関連記事

Scan PREMIUM 会員限定記事

もっと見る

Scan PREMIUM 会員限定記事特集をもっと見る

カテゴリ別新着記事

★★10/8~11/30迄 創刊23周年記念価格提供中★★
★★10/8~11/30迄 創刊23周年記念価格提供中★★

2021年10月8日(金)~11月30日(火) の間 ScanNetSecurity 創刊23周年記念価格で提供。

×