米ハンプシャー州議会がBYOD推進の実証実験開始(The Register) | ScanNetSecurity[国内最大級のサイバーセキュリティ専門ポータルサイト]
2018.09.24(月)

米ハンプシャー州議会がBYOD推進の実証実験開始(The Register)

ハンプシャーは、リーズ市議会、ケンブリッジシャー州議会、ノーフォーク市議会など、既にBYODの実験を開始している地元の政府組織に参加することになる。

国際 TheRegister
ハンプシャー州議会は今年後半、Bring Your Own Device(BYOD)計画の展開を開始する。

同議会は秋には組織全体でより広く導入する目的で、すでにスタッフが個人のデバイスを仕事で使用することを許可するプログラムを、試験的に開始している。

ハンプシャー州議会のCIO、Jos Creeseによれば、同トライアルはBYODの展開をサポートするためには、さらにどのようなセキュリティのレイヤーが必要かを調査するものだ。

「モバイル・デバイスにふさわしいセキュリティのレベルが求められます。私の考えでは、それはたとえば…

※本記事は有料版に全文を掲載します

© The Register.


(翻訳:中野恵美子
略歴:翻訳者・ライター
《ScanNetSecurity》

関連記事

Scan PREMIUM 会員限定記事

もっと見る

Scan PREMIUM 会員限定記事特集をもっと見る

カテゴリ別新着記事

★★Scan PREMIUM 会員限定コンテンツにフルアクセスが可能となります★★
<b>★★Scan PREMIUM 会員限定コンテンツにフルアクセスが可能となります★★</b>

経営課題としてサイバーセキュリティに取り組む情報システム部門や、研究・開発・経営企画に携わる方へ向けた、創刊19年のセキュリティ情報サービス Scan PREMIUM を、貴社の事業リスク低減のためにご活用ください。

×