Oracle DBのTNSリスナーに、認証なしでサービスを登録される脆弱性(JVN) | ScanNetSecurity
2021.09.25(土)

Oracle DBのTNSリスナーに、認証なしでサービスを登録される脆弱性(JVN)

IPAおよびJPCERT/CCは、Oracle Corporation が提供するOracleデータベースコンポーネントの「TNSリスナー」に、遠隔の第三者が認証なしにデータベースサービスを登録できる脆弱性が存在するとJVNで発表した。

脆弱性と脅威 セキュリティホール・脆弱性
独立行政法人 情報処理推進機構(IPA)および一般社団法人 JPCERT コーディネーションセンター(JPCERT/CC)は5月2日、Oracle Corporation が提供するOracleデータベース(DB)コンポーネントの「TNSリスナー」に遠隔の第三者が認証なしにデータベースサービスを登録できる脆弱性が存在すると「Japan Vulnerability Notes(JVN)」で発表した。

影響を受けるシステムは、「Oracle Database 11g Release 2、versions 11.2.0.2、11.2.0.3」「Oracle Database 11g Release 1、version 11.1.0.7」「Oracle Database 10g Release 2、versions 10.2.0.3、10.2.0.4, 10.2.0.5」。またOracleによると、Oracle データベースコンポーネントを含む「Oracle Fusion Middleware」「Oracle Enterprise Manager」「Oracle E-Business Suite」も影響を受けるとしている。本脆弱性(CVE-2012-1675)が悪用されると、リモートの攻撃者によって登録済みのデータベースインスタンス名を使ってサービスを登録され、中間者攻撃を受ける可能性がある。現時点で対策方法は公開されておらず、JVNでは「Class of Secure Transport(COST)を使用してインスタンス登録を制限することで、本脆弱性の影響を軽減することが可能としている。
《吉澤 亨史( Kouji Yoshizawa )》

関連記事

Scan PREMIUM 会員限定記事

もっと見る

Scan PREMIUM 会員限定記事特集をもっと見る

カテゴリ別新着記事

「経理」「営業」「企画」「プログラミング」「デザイン」と並ぶ、事業で成功するためのビジネスセンスが「セキュリティ」
「経理」「営業」「企画」「プログラミング」「デザイン」と並ぶ、事業で成功するためのビジネスセンスが「セキュリティ」

ページ右上「ユーザー登録」から会員登録すれば会員限定記事を閲覧できます。毎週月曜の朝、先週一週間のセキュリティ動向を総括しふりかえるメルマガをお届け。(写真:ScanNetSecurity 名誉編集長 りく)

×