「Macボットネットは減少」、実は増加していることを確認(Dr.WEB) | ScanNetSecurity[国内最大級のサイバーセキュリティ専門ポータルサイト]
2018.09.25(火)

「Macボットネットは減少」、実は増加していることを確認(Dr.WEB)

Dr.WEBは、Macボットネット「BackDoor.Flashback.39」の監視による統計を発表した。「BackDoor.Flashback.39に感染したMacの台数は減少している」という最近のレポートとは異なる結果となった。

脆弱性と脅威 脅威動向
株式会社Doctor Web Pacific(Dr.WEB)は4月23日、Macボットネット「BackDoor.Flashback.39」の監視による統計を発表した。「BackDoor.Flashback.39に感染したMacの台数は減少している」という最近のレポートとは異なる結果となった。依然として、81万7,879台のボットがBackDoor.Flashback.39ボットネットに接続され、平均55万台の感染したコンピュータがコントロールサーバと24時間やり取りを行っているという。

4月3日から4月19日までのBackDoor.Flashback.39ボットネットを構成するボット数の推移によると、4月16日には71万7,004のユニークなIPアドレスおよび59万5,816のMac UUIDがBackDoor.Flashback.39ボットネットに登録され、4月17日にはユニークなIPアドレスが71万4,483、Mac UUIDが58万2,405となっている。同時に、未だBackDoor.Flashback.39ネットワークに登録されていなかった感染したコンピュータが、日々ボットネットに加えられている。最近のレポートとの差異は、ボットがスタンバイモードになったことでコマンドセンターとの通信が行われなくなったためとしており、依然として注意すべき状況であるとしている。
《吉澤 亨史( Kouji Yoshizawa )》

関連記事

Scan PREMIUM 会員限定記事

もっと見る

Scan PREMIUM 会員限定記事特集をもっと見る

カテゴリ別新着記事

★★Scan PREMIUM 会員限定コンテンツにフルアクセスが可能となります★★
<b>★★Scan PREMIUM 会員限定コンテンツにフルアクセスが可能となります★★</b>

経営課題としてサイバーセキュリティに取り組む情報システム部門や、研究・開発・経営企画に携わる方へ向けた、創刊19年のセキュリティ情報サービス Scan PREMIUM を、貴社の事業リスク低減のためにご活用ください。

×