2011年の大きな変化はマルウェア配信ネットワーク(マルネット)の登場(ブルーコート) | ScanNetSecurity
2021.09.28(火)

2011年の大きな変化はマルウェア配信ネットワーク(マルネット)の登場(ブルーコート)

ブルーコートは、「2012年度版ブルーコートWebセキュリティレポート」(日本語版)を発表した。2011年の脅威における重要な変化は、動的なWebベースの攻撃を行うことを目的とするマルウェア配信ネットワーク(マルネット)の登場としている。

脆弱性と脅威 脅威動向
ブルーコートシステムズ合同会社(ブルーコート)は3月16日、「2012年度版ブルーコートWebセキュリティレポート」(日本語版)を発表した。本レポートは、昨年起こった悪意のあるWeb攻撃とそのトレンドを分析するとともに、企業が安全性を保つための手法を紹介するもの。2011年の脅威における重要な変化は、動的なWebベースの攻撃を行うことを目的とするマルウェア配信ネットワーク(マルネット)の登場としている。

単独の攻撃よりも長期に及ぶマルネットの複雑なインフラにより、悪意あるWebサイトの数は前年比240%も増加し、今年想定される新たな攻撃の3分の2を占めると予測される。同社のセキュリティラボは、2011年初めにこのような悪意あるネットワークの存在を発見したという。レポートではこのほか、ボットネットやAPT攻撃、モバイルにおける新たな脅威なども解説している。
《吉澤 亨史( Kouji Yoshizawa )》

関連記事

Scan PREMIUM 会員限定記事

もっと見る

Scan PREMIUM 会員限定記事特集をもっと見る

カテゴリ別新着記事

「経理」「営業」「企画」「プログラミング」「デザイン」と並ぶ、事業で成功するためのビジネスセンスが「セキュリティ」
「経理」「営業」「企画」「プログラミング」「デザイン」と並ぶ、事業で成功するためのビジネスセンスが「セキュリティ」

ページ右上「ユーザー登録」から会員登録すれば会員限定記事を閲覧できます。毎週月曜の朝、先週一週間のセキュリティ動向を総括しふりかえるメルマガをお届け。(写真:ScanNetSecurity 名誉編集長 りく)

×