プライバシー仕様「P3P」は時代遅れか、GoogleがMSの矛盾を指摘 | ScanNetSecurity[国内最大級のサイバーセキュリティ専門ポータルサイト]
2018.08.15(水)

プライバシー仕様「P3P」は時代遅れか、GoogleがMSの矛盾を指摘

国際 海外情報

 マイクロソフトが、Googleはインターネットエクスプローラ(IE)の設定を回避してユーザーのウェブ閲覧履歴を収集している、と非難したことに対して、Googleが反論している。マイクロソフトは重要な情報を省略したとしている。

 IEはP3Pに準拠したプライバシー保護をしているが、Googleはこの設定を回避した、というのがマイクロソフトの主張。これに対し、GoogleはP3Pそのものがすでに時代遅れで、ほとんどのウェブサイトが採用していないとしている。2010年にカーネギーメロン大学が行った調査では33139のウェブサイト中、11176サイトがP3Pをすでに採用しておらず、その中にはマイクロソフトが運営する「live.com」と「msn.com」も含まれるという。

 また、問題となっているサードパーティクッキーはFacebookの「いいね」ボタンを始め様々な機能に活用されており、現代のウェブ・サービスにおいてそれらを全て無効化するP3Pを遵守するのは現実的でないとしている。さらに、こうしたことはすでによく知られていることなのに、マイクロソフトはこの問題に対処しなかったとしている。

 マイクロソフトはこれまでにも、Gmailはプライバシーを守らないのでHotmailに乗り換えようというキャンペーンを行うなど、たびたびGoogleのプライバシー保護の姿勢を非難している。
 

今度はGoogleがマイクロソフトに反論「P3Pは時代遅れ」

《山田 正昭@RBB TODAY》

関連記事

Scan PREMIUM 会員限定記事

もっと見る

Scan PREMIUM 会員限定記事特集をもっと見る

カテゴリ別新着記事

★★Scan PREMIUM 会員限定コンテンツにフルアクセスが可能となります★★
<b>★★Scan PREMIUM 会員限定コンテンツにフルアクセスが可能となります★★</b>

経営課題としてサイバーセキュリティに取り組む情報システム部門や、研究・開発・経営企画に携わる方へ向けた、創刊19年のセキュリティ情報サービス Scan PREMIUM を、貴社の事業リスク低減のためにご活用ください。

×